【たけしの家庭の医学】曲がり腸の便秘解消には「考える人」の姿勢が効果的!

★良かったらシェアしてください★

便秘解消の考える人ポーズ

2018年12月4日の朝日放送テレビ「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、便秘を解消する『考える人』のポーズについてご紹介します。教えてくれたのは、大腸肛門病センター高野病院の高野正太先生。
姿勢を変えるだけで便秘の原因となる曲がり腸を改善し、短期間でも効果が期待できます☆

スポンサーリンク

便秘症に悩む3割の人の原因は、まがり腸

便秘とは、大腸が便に溜まっているのになかなか排便できない症状。

・便意はあるのに便が出ない
・お腹がはっているのに便意すらなくなり、何日も排便がない

という2つのタイプに分かれます。

実は、便秘症に悩む3割の人の原因は、まがり腸

上記2つのタイプのうち、前者のタイプが該当します。

通常、便が出る際は直腸が真っすぐになり、滑り台のようにストンと肛門へ落ちて排便に繋がります。

しかし、曲がり腸になると、便がきても直腸は曲がったままの状態。
このため、排便に支障が出るのです。

曲がり腸になる原因は、恥骨直腸筋の異常。

恥骨直腸筋は普段はきゅっと締まっていますが、排便時に自然とゆるみ、真っすぐになります。

しかし、何等かの原因で恥骨直腸筋が緩まなくなると、直腸は曲がったままとなり排便しづらくなります。

曲がり腸は考える人のポーズで改善

先生曰く、曲がり腸を改善するためには「考える人のポーズ」を真似るのが効果的とのこと。

考える人といえば、下記のような姿勢ですよね。

考える人

実際、曲がり腸に悩む患者さんが「考える人」のポーズで排便したところ、半数の方が便秘を改善したそうです。

【やり方】

1、トイレの便座に座り、約20cmの台を置いて足をのせる。

ポイント

木箱でも段ボールでもなんでもOK!

2、膝と肘をつけるかつけないくらいの前かがみになる。

3、この姿勢で排便する。

直腸と肛門が真っすぐになりやすくなるため、排便しやすくなります。
スポンサーリンク

まとめ

今回は、便秘を解消する方法についてご紹介しました。

まとめると・・・・・

  • 便秘症の3割の人の原因は、曲がり腸
  • 考える人ポーズで排便すると、まがり腸が改善する

是非参考にしてみてくださいね。

オススメする関連記事

2018年8月14日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、便秘解消食材・キウイフルーツの効果についてご紹介します。 1日1個...
2018年12月3日のTBS系列「名医のTHE太鼓判」で放送された、便秘の改善に効果的なこうじ水についてご紹介します。これは、実際に名医が行...
2018年6月16日「世界一受けたい授業」で放送された、最新便秘改善法『腸もみガス抜きマッサージ』のやり方、効果・結果についてご紹介します。...
2018年6月16日「世界一受けたい授業」で放送された、タイプ別便秘改善法とやり方についてご紹介します。教えてくれたのは、今話題の本『寿命の...
スポンサーリンク



この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!