【たけしの家庭の医学】頻尿の改善対策方法まとめ(随時追記)!マッサージなど

頻尿の改善対策法たけしの家庭の医学

テレビ朝日系列『たけしの家庭の医学』では、頻尿を改善する対策方法についてこれまでに紹介されてきました。

頻尿に関するガイドラインでは、トイレに行く回数が日中(起きている間)に8回以上あると頻尿と定義されています。
さらに、就寝中に1回以上トイレに行く場合は夜間頻尿とされます。

番組によると、頻尿の原因の2割は脳疾患、8割は加齢とのこと。

ここでは、これまでに番組で紹介された、加齢によって生じる過活動膀胱(膀胱周りの神経が過敏になり、すぐに尿意を感じる病)などの改善方法を主にご紹介していきます。

少しでも参考になれば幸いです☆

スポンサーリンク

足踏み(青竹踏み)

頻尿の主な原因は、膀胱周りの神経が過敏になり、膀胱に少量の尿しか溜まっていないのに尿意を感じること(全てではありません)。

そのため、膀胱の神経を刺激し興奮状態を抑えることで、この異常な尿意を抑えて頻尿を改善することができます。

膀胱の神経は足裏にまで伸びているため、「足踏み竹」というものを使って足踏みし、足裏のツボを刺激します。

この青竹踏みは医療現場でも使われている頻尿治療法です。

詳細は下記記事でまとめています。

【たけしの家庭の医学】頻尿は足踏みで改善!病院の治療と同じ解消方法(11月6日)
2018年11月6日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、頻尿改善に効果的な『足踏み』をご紹介します。教えてくれたのは、獨協医科大学病院の山西友典先生。 最新の研究で判明した、薬に頼らずに改善できる簡単な方法...

体幹を鍛えるヨガ

頻尿の新たな原因として、膀胱そのものが変形する「垂れ下がり膀胱」が番組で紹介されました。

膀胱の底が下に垂れ下がってしまい、尿意を頻繁に感じるようになるのです。

この垂れ下がり膀胱は、体幹を鍛えるヨガを行うことで改善することができます。

実際、頻尿患者の7割が改善したというデータも報告されているとのこと。

やり方や詳細は下記記事でまとめています。

たけしの家庭の医学 体幹を鍛えるヨガのやり方、頻尿解消・改善法!垂れさがり膀胱を改善!
2018年6月26日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、体幹を鍛えて頻尿を解消する『ヨガのやり方』についてご紹介します。このヨガは、頻尿の新原因である ”膀胱の変形(垂れ下がり膀胱)” を改善してくれるもので、頻尿患者の7割...

くるぶし周りマッサージ

くるぶし周りマッサージは、欧米で実際に行われている頻尿治療法をもとに名医が考案した方法。

前述でご紹介した足踏み(青竹踏み)と同様、膀胱周りの神経を刺激することで頻尿を改善することができます。

膀胱周りの神経は足の裏にまで伸びており、体の表面近くを通っているくるぶし辺りの神経を刺激することで効果が期待できます。

やり方や詳細は下記記事でまとめていいます。

【たけしの家庭の医学】くるぶし周りマッサージで頻尿改善!即効性も期待できる!
2018年2月6日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、頻尿を改善する方法が紹介されました!身体のある部分を押すだけで改善するという、簡単かつ効果的な対策は必見です。 頻尿の定義とは? 頻尿に関するガイドラインによれば、「起...

睡眠4時間前の入浴

副甲状腺にできた良性の腫瘍などによる「副甲状腺機能亢進症」が原因で起こる頻尿を改善する方法についてです。

副甲状腺機能亢進症になるとホルモンが過剰分泌され、排尿に関係する腎臓・骨盤底筋が異常をきたし、夜間頻尿に繋がります。

夜間頻尿を改善するには、睡眠4時間前に入浴するのが効果的。

詳細や、夜間頻尿のなりやすさをチェックする方法などは下記記事でまとめています。

【たけしの家庭の医学】頻尿予防&解消法は睡眠4時間前の入浴!頻尿のなりやすさチェックも!
2017年12月12日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで、頻尿の予防法&解消法が紹介されました。頻尿の陰に潜む難病や、夜間難病の原因が分かる『すね押しチェック』など、どれも必見です! セカンドオピニオン!頻尿...

まとめ

今回は、頻尿の改善対策法についてご紹介しました。

頻尿になると、日々の生活に支障をきたしたり夜も熟睡できなくなりますよね。

しかし、なかなか周りに相談できず一人で悩んでしまいがち。

今後番組で紹介された対策法については、このページに随時追記していきます。

是非参考にして頂き、少しでも症状の改善に繋がれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



たけしの家庭の医学 健康
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました