たけしの家庭の医学 体幹を鍛えるヨガのやり方、頻尿解消・改善法!垂れさがり膀胱を改善!

頻尿解消たけしの家庭の医学

2018年6月26日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、体幹を鍛えて頻尿を解消する『ヨガのやり方』についてご紹介します。このヨガは、頻尿の新原因である ”膀胱の変形(垂れ下がり膀胱)” を改善してくれるもので、頻尿患者の7割以上が効果を得られています。

簡単にできるので、頻尿に悩まれている方にオススメです。

スポンサーリンク

頻尿の新原因は、膀胱の変形!

通常の膀胱は、尿が約300ml溜まると尿意を感じます。

しかし、頻尿の人は少量の尿(通常の約1/3)で尿意を感じてしまいます。

主な原因は、加齢によって膀胱まわりの血流が低下し、神経が異常に反応すること。

これにより、少ない尿でも尿意を感じてしまうのです。

しかし、最新の研究で新たな原因が判明。

上記のように膀胱まわりの神経の異常ではなく、膀胱そのものが変形してしまっているのです。

膀胱の変形による頻尿は、現在増加中とのことです。

膀胱が変形するとは?なぜ頻尿に繋がるか?

膀胱が変形すると、お腹に力を入れた際に膀胱の底が下に垂れ下がります。

これは、垂れ下がり膀胱(膀胱下垂)と呼ばれます(通常は楕円形のまま)。

通常の膀胱は、尿が溜まると上側の壁が伸び始め、頭打ちになると下側の壁が伸びるようになっています。

下側の壁の伸び具合で尿の量を感知し、尿意を感じます。

しかし、垂れ下がり膀胱になると、初めから膀胱の下側がすぐに伸びるため、尿が溜まっていないのに脳に尿意を伝えてしまうようになります。

これが、頻尿の原因となるのです。

垂れ下がり膀胱を改善するためには?

垂れ下がり膀胱の原因は、膀胱を支える骨盤底筋の衰え

尿の重みで骨盤底筋が垂れ下がり、膀胱も垂れ下がってしまうのです。

垂れ下がり膀胱を改善するためには、骨盤庭訓を鍛えて維持することが大切です。

しかし女性は、出産や閉経による女性ホルモンの減少により、骨盤底筋を維持することが難しい状況にあります。

そのため、骨盤底筋と繋がっている体幹の筋肉を鍛えることで、骨盤底筋を引き上げることができます。

頻尿解消!体幹の筋肉を鍛える「ヨガ」のやり方

このヨガは、体幹を鍛えることで垂れ下がり膀胱を改善し、頻尿を解消することができます。
頻尿患者が実践したところ、7割以上が改善されたというデータがあります。

2つのヨガポーズを、朝晩2回行えばOKです。

スポンサーリンク

戦士のポーズ

①両足を肩幅より広めに開きます。

 

②右足を90度外側に回します。
上半身も右足のつま先と同じ方向を向きます(右側にひねる)。

 

③両腕を肩の高さまで上げ、足と水平になるように広げます(横ではなく前後に広げる)。
その状態で、右足へ体重を移動させます。
このとき、息を吐きながらお腹をへこませます。

左右ともに30秒ずつ行います。

橋のポーズ

①仰向けに寝て、両ひざを立てます。

②無理のない程度にゆっくり腰を上げます。

③腰を上げたまま、深く複式呼吸を行います。
10回呼吸したら、腰をゆっくりおろします。

1分間繰り返します。

まとめ

今回は、頻尿の新原因と解消法についてご紹介しました。

頻尿になると夜ぐっすり眠れませんし、日中もそわそわしてしまって大変ですよね。

さらに、はなかなか周りに相談しづらいため1人で悩んでしまっている人も多いのではないでしょうか。

そんな方は、是非今回のヨガを参考にしてみてくださいね。

これまでに番組で紹介された頻尿改善・対策法も下記記事でまとめています☆

【たけしの家庭の医学】頻尿の改善対策方法まとめ(随時追記)!マッサージなど
テレビ朝日系列『たけしの家庭の医学』では、頻尿を改善する対策方法についてこれまでに紹介されてきました。 頻尿に関するガイドラインでは、トイレに行く回数が日中(起きている間)に8回以上あると頻尿と定義されています。 さらに、就寝中に1回以...

頻尿予防・改善に関するオススメ記事

【主治医が見つかる診療所】おしっこトラブル(頻尿・尿漏れ)改善法!5秒体操など!
2017年12月7日放送「主治医が見つかる診療所」の『おしっこトラブル スッキリ改善SP』で、尿漏れや頻尿の対策方法が紹介されました。おしっこトラブルチェックや、効果抜群の5秒体操&沖縄特産品など、どれも必見です!! おしっこトラブル(頻...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



たけしの家庭の医学 健康
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました