名医のTHE太鼓判 ひざ裏伸ばし体操のやり方!腰痛改善、1日3分行うだけでOK!

★良かったらシェアしてください★

腰痛

2018年6月11日「名医のTHE太鼓判」で放送された、腰痛・股関節の痛みを改善する『ひざ裏伸ばし体操』のやり方についてご紹介します。1日わずか3分、3種類のひざ裏を伸ばす体操を行うだけで、2週間ほどで腰痛を改善することができます。

スポンサーリンク

ひざ裏伸ばし体操とは?

(モバイル端末における高速表示「AMPページ」でご覧になっている方は、上記画像がぼやける場合がございます)

「ひざ裏のばし」は今話題になっている腰痛改善運動で、腰痛や股関節痛に悩んでいたおばあちゃん達も次々と改善していった効果抜群の体操です。

実は、腰痛の痛みはひざ裏が原因。

人間の身体の基盤となる足の中心部「ひざの裏」が硬くなって曲がってくると、体全体が歪んできてしまうのです。

ひざの裏から伸びる筋肉は骨盤と繋がっているため、ひざ裏を伸ばすことで自然と骨盤が正常な角度になり、腰痛改善に繋がります。

1日たった3分で良く、運動嫌いの人でも誰でもできるのがこの体操のポイント。

硬直していた腰回りの筋肉も改善されるため、柔軟性が劇的にアップし、前屈もできるようになります。

ひざ裏伸ばし体操のやり方

下記3つの体操を毎日1分ずつ行うことで、2週間ほどで腰痛改善効果が期待できます。

忙しい人は1日5秒でも良いので、毎日続けることが大切です。

ワンツースリー体操のやり方

ひざ裏伸ばし1

体を上下することで骨盤を支える筋肉が鍛えられ、背骨が伸びます。
背筋を伸ばし、尾てい骨を意識してまっすぐ上下に体を動かすのがポイントです。

①足をできるだけ大きく広げて立ち、背中を伸ばします。

②息を吐きながらひざを曲げておしりを落とし、両手で太ももを3回叩きます。

③息を吸いながら背中を伸ばして立ち上がり、両手でお尻を3回叩けばOK!

壁ピタドローインのやり方

ひざ裏のばし2

壁に体をつけることで背骨が一直線に伸び、全身の筋肉に力が入って体幹が鍛えられます。

①壁に背をむけて立ち、かかとを壁につけます。

②両足のかかとをくっつけ、つま先を90℃に開きます。
ひざは内側に寄せます。

③後頭部・背中・腰・かかと・手の甲を、壁にくっつけます。

④息を吸い、おへそをへこませながら5秒間キープすればOK!

壁ドンストレッチのやり方

ひざ伸ばし3

両手で壁を押しながらひざを伸ばすことで、背中や体幹に力が入り、姿勢が良くなります。

①壁に向かって立ち、両手をまっすぐ伸ばして壁につけます(壁ドンのような姿勢)。

②両手の間に視点をおき、足を前後に開いて、後ろ足のひざを伸ばします。
このとき、かかとを浮かさないのがポイント!

③両手でゆっくり壁を5回押したあと、その姿勢のまま5秒キープすればOK!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、腰痛を1日わずか3分で改善する「ひざ裏伸ばし体操」ついてご紹介しました。腰痛があると日常生活にも支障をきたすので辛いですよね。今回の体操は誰でもできる簡単なものなので、毎日続けて行い、辛い痛みを改善してくださいね。下記でも腰痛を改善する対策をまとめていますので、是非参考にしてみてください。

腰痛改善に関するオススメ記事

2018年5月10日放送「スッキリ」のスッキリTOUCHで、腰痛を解消する『1回3秒!これだけ体操』のやり方が紹介されました。あなたのカラダ...
2018年1月15日放送「名医のTHE太鼓判」の『腰痛・肩こり解消!トリガーポイントでゆがみリセットSP』で、腰痛を改善する3つのトリガーポ...
2017年12月26日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、日本人に多い3大痛みの1つ『腰痛』の解消法が紹介されました!壁を使った腰...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪



error: Content is protected !!