ハロウィンにおすすめ、オートミール入り「かぼちゃとレーズンのクッキー」のレシピ!ヘルシーでサクサク!

かぼちゃとレーズンのクッキーレシピ

ハロウィンが近づいてきました!ということで、今回はハロウィンにぴったりなオートミール入りカボチャとレーズンのクッキーのレシピをご紹介したいと思います。低カロリーで栄養豊富なオートミールはダイエット食としても人気が高い食材ですよね。オーブンで焼き上げることで香ばしくサクッとした食感が楽しめます。さらに砂糖の代わりに糖質ゼロのラカントを使い、よりヘルシーに仕上げます。かぼちゃの甘さ、レーズンの甘酸っぱさ、オートミールのサクサク食感で、かぼちゃが苦手な人やお子さんでも食べやすいクッキーです。手間がかかる調理は一切ないのでとっても簡単に作れますし、可愛くラッピングすればギフトにもぴったり☆作り方をまとめましたのでぜひご家庭で作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

オートミール入り!カボチャとレーズンのクッキーのレシピ

カボチャとレーズンのクッキー

(調理時間の目安:15分(オーブンで焼く時間は省略)、料理カテゴリー:お菓子)

材料(4人分)

かぼちゃ 90g
オートミール 40g
薄力粉 70g
サラダ油 50g
ラカント 20g
塩 ひとつまみ
レーズン 大さじ2
チョコペン お好みで

作り方

【工程1】
カボチャは皮を切り落としてワタ・種を取り除き、小さく切って耐熱容器に入れます。ふんわりラップをし、電子レンジ600Wで3分ほど加熱して柔らかくします。レンチンする時間は適宜調整してくださいね。

カボチャとレーズンのクッキーの作り方(工程1)

【工程2】
柔らかくなったカボチャをフォークなどで潰してペースト状にしたら、サラダ油を加えて混ぜ合わせます。バターを加えるのが一般的だと思いますが、バターの場合は柔らかく溶かして練る必要があり手間がかかるので、そのまま使えるサラダ油で代用しました。バターの風味は無くなりますが、これでも十分美味しく仕上がります☆コストも抑えることができますしね♪

カボチャとレーズンのクッキーの作り方(工程2)

【工程3】
ボウルに薄力粉・オートミール・ラカント・塩を入れて、よく混ぜ合わせます。さらに工程2で作ったカボチャペーストを加えて混ぜ合わせたら、レーズンを加えてサックリと混ぜ合わせて生地を作ります。かぼちゃの水分量によって生地が柔らかかったり固かったりするかもしれないので、その場合は牛乳を足すか、粉を足すかして調節してみてくださいね。

【工程4】
オーブン用の天板にクッキングシートをしき、作った生地を丸めてつぶし乗せていきます。生地の厚さは3~4ミリ程度がオススメ。あまり厚くすると中まで火が通りにくくなってしまいます。

180度に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。クッキの端がカリッと焦げ目がつくくらい焼くと美味しく仕上がりますよ☆

カボチャとレーズンのクッキーの作り方(工程4)

クッキーが焼き上がったら、チョコペンを使ってお好みで顔を描けば出来上がり!レーズンの位置によってはホクロのようになったりお化け感が出たりするので、お子さんと楽しく描いても楽しそうですね☆

カボチャとレーズンのクッキーの出来上がり

スポンサーリンク

レシピポイント

ハロウィンにぴったりの、カボチャとレーズンを使ったクッキーです。オートミールを使うことでカロリーを抑え、焼き上がりも香ばしくサクッとした食感が楽しめます。さらに、砂糖の代わりに糖質ゼロのラカントを使うのもポイント。食物繊維やビタミンが豊富なオートミールとラカントで、ダイエット中の方のおやつにもぴったりです。

オートミールの香ばしさが全面に出ているのでカボチャが苦手な人やお子さんにもオススメ!自然なカボチャの甘味に甘酸っぱいレーズンがアクセントになっており、パクパクと食べられちゃいますよ☆

手間がかかる工程はなくとっても簡単に作れますし、可愛くラッピングすればプレゼントにもなります。ハロウィンにぜひ作ってみては如何でしょうか。

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました