ハロウィンにおすすめ、コロコロチーズ入り「かぼちゃとレーズンの蒸しパン」のレシピ!甘さ控えめ!

レシピ

もうすぐハロウィンですよね!ということで、今回はハロウィンにぴったりなカボチャとレーズンの蒸しパンのレシピをご紹介したいと思います。ダイスに切ったコロコロチーズ入りです。通常より砂糖を少な目にしているので甘さ控えめの蒸しパンになっており、朝食にもオススメ!甘さを足したい場合はハチミツをかけても美味しくいただけます。チーズの塩気・レーズンの甘酸っぱさ・かぼちゃの甘味が絶妙で、フワフワな生地と様々な具材の食感が楽しめるので満足感もありますよ。一口サイズにカットしてハロウィンピックに刺し、見た目も可愛く仕上げます☆15分で作れるのでとっても簡単!作り方をまとめましたのでぜひご家庭で作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コロコロチーズ入り!かぼちゃとレーズンの蒸しパンのレシピ

カボチャとレーズンの蒸しパン

(調理時間の目安:15分、料理カテゴリー:お菓子)

材料(4人分)

薄力粉 100g
ベーキングパウダー 4g
牛乳 120㏄
かぼちゃ 100g
三温糖 30g
塩 ひとつまみ
チーズ 30g
レーズン 大さじ2
サラダ油 少々
はちみつ お好みで

作り方

【工程1】
カボチャは皮を切り落としてワタ・種を取り除き、小さく切って耐熱容器に入れます。ふんわりラップをし、電子レンジ600Wで3分ほど加熱して柔らかくします。レンチンする時間は適宜調整してくださいね。

かぼちゃとレーズンの蒸しパンの作り方(工程1)

【工程2】
柔らかくなったカボチャをフォークなどで潰してペースト状にしたら、牛乳を加えて混ぜ合わせます。よりヘルシーに仕上げたい場合は、牛乳の代わりに豆乳を使っても美味しく仕上げることができますよ。

かぼちゃとレーズンの蒸しパンの作り方(工程2)

【工程3】
ボウルに薄力粉・ベーキングパウダー・三温糖・塩を入れてよく混ぜ合わせたら、工程2で作ったカボチャペーストを加えてさらに良く混ぜます。サイコロ状に切ったチーズ、レーズンも加えて混ぜ合わせて生地を作ります。チーズやレーズンはこのあと飾り用でも使いますので、全部入れずに少し取り分けておいてくださいね。

かぼちゃとレーズンの蒸しパンの作り方(工程3)

【工程4】
耐熱容器に薄くサラダ油を塗り、作った生地を流し込みます。取り分けておいた飾り用のチーズとレーズンを上に乗せ、600Wの電子レンジで5~6分ほど加熱します。加熱しすぎると生地が硬くなってしまうので、様子を見ながら加熱時間を調整してくださいね。

かぼちゃとレーズンの蒸しパンの作り方(工程4)

あとは一口サイズにカットしてハロウィンのピックで刺し、器に盛り付ければ出来上がり。お好みではちみつをかけていただきます☆

カボチャとレーズンの蒸しパンの出来上がり

スポンサーリンク

レシピポイント

ハロウィンにぴったりの、カボチャを使ったフワフワ蒸しパンです。通常は40~50gほど砂糖を加えて作りますが、30gにして甘さを控えめに仕上げています。その代わり甘味が強くてコクのある三温糖を使い、風味豊かで味に奥行きがある懐かしい味わいになっています。

甘さが控えめなので朝食にもぴったり!甘さを足したい方は、とろりとハチミツをかければより美味しくいただくことができますよ。ダイスに切ったチーズを加えることで塩気がプラスされ、レーズンの甘酸っぱさ、カボチャの甘味と合わさって満足感のある蒸しパンに仕上がります。よりヘルシーに仕上げたい方は、牛乳の代わりに豆乳を使うのもオススメです。かぼちゃ・チーズ・レーズンが入っているので豆乳の味が全面に出てくることなく美味しくいただけると思いますよ。

一口サイズなのでパクパクと食べられ、見た目も可愛いハロウィンパーティーにもオススメのレシピです☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、レシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

レシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました