【主治医が見つかる診療所】腸ほどきのやり方!ねじれ腸を改善して便秘解消に効果的な体操【2月14日】

★良かったらシェアしてください★

便秘改善法

2019年2月14日のテレビ東京系列「主治医が見つかる診療所」で放送された、便秘改善に効果的な腸ほどきのやり方についてご紹介します。教えてくれたのは、久里浜医療センターの水上健先生。
日本人の8割がねじれ腸となっており、これが慢性的な便秘に繋がる可能性があります。
そこで、改善する簡単体操のやり方や、ねじれ腸のセルフチェック方法などについてまとめます☆

スポンサーリンク

健康な排便の回数は、週3回程度

厚生労働省のデータによると、便秘を自覚したことがあるのは

男性 ⇒約4人に1人
女性 ⇒約2人に1人

と非常に多いことが分かります。

健康な排便の回数は、週3回程度

名医によると、出にくい・残便感・硬くて出にくいなどで困っていなければ、週1回でも問題ないとのこと。

毎日出さないと・・・と悩んでストレスを抱えてしまうと逆効果なので、深刻に考えないようにすることが大切です。

便秘の原因となる「ねじれ腸」とは?

便秘の原因の1つとして、ねじれ腸というのがあります。

ねじれ腸とは大腸が何らかの原因でねじれてしまった状態のことで、日本人の約8割が該当します。

腸がねじれてしまうと便がスムーズに流れずつっかえてしまうため、慢性の便秘を引き起こしてしまいます。

便秘以外にも、

・下痢(便をなんとか出そうとするため)
・肌の老化
・肥満
・免疫力低下

などを引き起こす可能性があります。

ねじれ腸になる原因としては、下記3つが考えられます。

・体質

・運動不足

・ストレス

▼ねじれ腸については別番組でも紹介されました!

2018年11月3日の日本テレビ系「世界一受けたい授業」では、8大名医が警鐘を鳴らす8つの病気を特集。それぞれの病気の予防対策法を教えてくれ...

セルフチェックする方法

自分がねじれ腸かどうかを確認する簡単方法です。

下記項目をチェックし、2個以上該当するとねじれ腸になっている可能性があります。

●子どもの頃から便秘気味だった
●腹痛を伴う便秘になったことがある
●便秘が続いたあと、下痢や軟便が出たことがある
●運動が減った途端、便秘になったことがある

ねじれ腸を予防・改善する「腸ほどき」

ねじれ腸を予防・改善するのに効果的なのが、腸ほどき!!

簡単に行うことができる体操ですよ☆

上体ひねりのやり方

腸の曲がり角に効きます。

【やり方】

1、足を肩幅程度に開く。

2、腰は正面に向けたまま、両腕をふって上半身をひねる。

ポイント

ひねる時に息を吐き、正面で息を吸います。

3、1分間続ける。

スポンサーリンク

大腸揺らしのやり方

大腸全体に効きます。

【やり方】

1、仰向けに寝て、両ひざを立てる。

2、下腹部(恥骨)に両指をのせ、ユサユサと下腹部を下から上へ揺らしながらマッサージをする。

3、1分間続ける。

まとめ

今回は、ねじれ腸が原因の便秘解消法についてご紹介しました。

腸がねじた状態になっている人はとても多いんですね(;・∀・)

便秘になるとお腹が重くなったり、見た目もぽっこりお腹に繋がりますよね。

名医が教えてくれた方法で悩みを解消してください(*^^*)

ちなみに、ココナッツオイルや牛乳などの中鎖脂肪酸を摂るのも効果的なんだそうですよ!!

腸内環境を改善し善玉菌を増やしてくれると共に、便を滑らかに出す効果も期待できます。

是非参考にしてみてくださいね。

オススメする関連記事

2018年12月4日の朝日放送テレビ「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、便秘を解消する『考える人』のポーズについてご紹介しま...
2018年12月3日のTBS系列「名医のTHE太鼓判」で放送された、便秘の改善に効果的なこうじ水についてご紹介します。これは、実際に名医が行...
2018年11月7日のテレビ東京「ソレダメ!」で放送された、お腹もみ上げ体操のやり方をご紹介します。教えてくれたのは、著者で楽ゆる整体トータ...
スポンサーリンク



この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!