【主治医が見つかる診療所】リンパずらしのやり方、小顔効果!ほうれい線、目元もぱっちり!

★良かったらシェアしてください★

小顔リンパずらし

2018年11月8日「主治医が見つかる診療所」で放送された、リンパずらしのやり方をご紹介します。リンパの流れを良くすることで、たった10日間で小顔効果が期待できます。目元をぱっちりさせたり、ほうれい線を解消するリンパずらしの方法もご紹介しています!

スポンサーリンク

リンパずらしで小顔に!

リンパとは、老廃物を流す水路のこと。

リンパ管は体全体に張り巡らされており、その中を流れているリンパ液が老廃物を集めて排出してくれます。

そのため、リンパ液の流れが悪くなると老廃物がたまり

  • たるみ
  • シワ
  • くすみ

などの原因になります。

リンパずらしは、リンパ液の流れを良くして小顔効果が期待できるものです。

準備運動から始め、各部位のリンパを流していきます。

  • 鎖骨
  • あご
  • 目元
  • ほうれい線

朝と夜の1日2回行うことで効果が期待できます。

ポイント

リンパずらしは、力を入れずに優しくゆっくり皮膚をずらすのがポイントです。

リンパ管は皮膚のすぐ下を走っているため、力を入れ過ぎるとリンパ管を潰してしまい、かえって流れが悪化してしまいます。

力の目安は、手が皮膚に触れる程度。

押すのはNGです。

準備運動:肩回し

リンパ液は、最終的に鎖骨の奥で静脈に流れ込みます。

そのため、肩回しで鎖骨周りのリンパの流れを良くすることで、老廃物がうまく流れ出てくれます。

【やり方】

1、後ろに5回、鎖骨が大きく動くように肩を回せばOK。
腕は下におろしたまま、肩だけを回します。

鎖骨のリンパずらし

1、両手を交差し、鎖骨の上のくぼみに指を当てたら、指の腹で5回まわす。
力は強く入れず、優しく皮膚をずらすようにして回すのがポイントです。

首のリンパずらし

1、首に両手を当て、手の平全体で5回まわす。
まわす方向は、前から後ろにかけて。

2、5回まわしたら、鎖骨に向かって優しくなでるように流す。

耳のリンパずらし

1、人差し指と中指で耳を挟みながら、5回まわす。
まわす方向は、前から後ろにかけて。

2、5回まわしたら、鎖骨に向かって優しくなでるように流す。

あごのリンパずらし

1、両手の親指を立てる。

2、親指をあごに当て、あごから耳にかけて5回優しくゆっくり流すようにする。

スポンサーリンク



目元ぱっちり!くるくるリンパずらし

1、目の下の骨に指の腹を当て、優しく小さくクルクルと5回まわすようにする

2、まぶたの上の骨に指の腹をあて、優しく小さくクルクルと5回まわす

3、額に指の原をあて、くるくる5回まわす

4、5回まわしたら、額から耳を通して鎖骨まで優しく流す

ほうれい線を薄くするリンパずらし

1、舌を口の内側からほうれい線に当て、ほうれい線を押し出すように上から下へ流す

2、左右ともに5回ずつ行う

3、ほうれい線に指の腹をあて、極力小さく5回優しくまわす

どのリンパずらしも、力を入れ過ぎないように注意してください!

まとめ

今回は、たった10日間で小顔効果が期待できるリンパずらしをご紹介しました!

ポイントは、力加減。

優しくゆっくり皮膚をずらすようにして、各部位をクルクルと回すことでリンパ液の流れが良くなります(*^^*)

ほうれい線や目元にも効果的♪

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!