【ソレダメ】ロコモ体操のやり方!1日1回で足腰を強くできる簡単エクササイズ!

★良かったらシェアしてください★

ロコモ体操

2018年10月3日放送のテレビ東京「ソレダメ!」で、ロコモ体操のやり方・効果が紹介されました!教えてくれたのは、光伸メディカルクリニック院長の中村光伸先生。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは筋力・骨が衰えて立つ・歩くといった体の機能が落ちた状態のこと。

この体操は1日1回行うだけで足腰を強くすることができる、簡単エクササイズです!

スポンサーリンク

ロコモ体操で足腰を強化!

ロコモとは筋力・関節などが衰え、日常の移動に支障をきたしてしまう状態のことで、専門用語でロコモ(ロコモティブシンドローム)と言います。

ロコモ体操は、1日1回行うたけで足腰を強化することができる簡単体操です。

移動障害チェック

まずは、足腰が弱って移動障害が起きているかをチェックします。

骨盤は1年に1度ずつ後ろに傾いており、そのままにしておくと・・・・

ひざが前に出る

バランスをとるために前傾姿勢になる

腰が曲がった状態になる

といった高齢者特有の歩き方になり、移動障害が生じます。

【チェックする方法』

  1. 片足のまま、「シェー」のポーズをして15秒間キープする
フラフラしたりキープできなかった場合は、移動障害の可能性があります。

バランススクワットのやり方

お尻や太ももの筋肉・インナーマッスルを鍛え、骨盤の傾きを改善します。
  1. 足を肩幅に開く。
  2. 両腕を上げて、ひじを90℃に曲げる。
    背骨に力を入れてお尻を上げ、肩甲骨を寄せるように腕を引くのがポイント。
  3. この体勢でスクワットを行う。
  4. 1日1回行えばOK。

カニカニ歩きのやり方

内ももの筋肉が鍛えられ、転倒防止効果が期待できます。
  1. 両腕を上げ、てひじを90℃に曲げる。
  2. 四股をふむように、足を広げて腰を落とす。
  3. カニのように、右に1歩、左に1歩横移動する。
  4. 1日左右1回ずつ行う。

スポンサーリンク

股関節グリグリのやり方

股関節の可動域を広げ、つまずきを予防することができます。
  1. 片方のももを前に上げる(ひざは90℃に曲げる)。
  2. そのままゆっくり横に開く。
  3. そのまま後ろにもっていく。
  4. 1周させて元の位置に戻す。
  5. 反対方向も同様に回す。
  6. 反対の足も同様に、内回し・外回しを行う。
  7. 1日左右1回ずつ行う。

まとめ

今回は、足腰を鍛えることができるロコモ体操のやり方をご紹介しました。

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

オススメする関連記事

2018年9月9日の日本テレビ系「シューイチ」で放送された、相撲トレーニングのやり方・効果についてご紹介します。教えてくれたのは、考案者の大...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!



★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!