【ソレダメ】牛肉(焼肉)の栄養効果・健康になれる食べ方・調理法まとめ!ダイエットに効果的!

牛肉ソレダメ
この記事は約2分で読めます。

2018年10月3日放送のテレビ東京「ソレダメ!」で、牛肉(焼き肉)の栄養効果・健康になれる食べ方・調理法が紹介されました!
お肉は健康長寿も良く食べる食材♪中でも牛肉は、脂肪の燃焼を助ける効果もあります。

部位ごとの栄養効果や、オススメの食べ方、より健康になれる調理法などをまとめます。

スポンサーリンク

牛肉はダイエットに効果的!

牛肉の赤身部分には「L-カルニチン」という成分が含まれており、脂肪を燃やしてエネルギ-に代える作用があります。

L-カルニチンの含有量を豚肉・鶏肉と比べてみると。

・豚肉:約70mg
・鶏肉:約30mg
・牛肉:約130mg
※100gあたり

ダントツですよね!

赤身牛肉を1日100g食べることで、脂肪燃焼効果が期待できます。

焼肉の部位別栄養効果・オススメの食べ方

牛肉の食べ方の中でも、より健康敵な調理法は焼肉

肉の脂は加熱する温度が高いほど溶けて液体に変わるため、高温の焼肉は脂がカットされヘルシーです。

そこで、焼肉の各部位ごとの栄養効果・オススメの食べ方をご紹介します☆

タン

タンにはタウリンが含まれており、肝機能を高めて疲労回復効果が期待できます。

疲れた時にはタンがおすすめです。

ロース

ロースにはL-カルニチンが多く含まれ、脂肪燃焼&体力アップ効果が期待できます。

L-カルニチンは熱に弱い為、レアで焼くいて食べるのがおすすめです。

ハラミ

ハラミにはカリウムが含まれており、体内の余分な塩分を排出してくれるため、高血圧&むくみ予防に効果的です。

カルビ

カルビにはビタミンB2がたっぷり含まれており、美肌に効果的です。

さらに脂肪燃焼効果もあるため、女性にオススメの部位です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、牛肉の栄養効果・健康になれる食べ方・調理法についてご紹介しました。

牛肉は脂肪燃焼効果があるなんて驚きでした。

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ソレダメレシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました