スッキリ 眉メイク(メーク)術をGENKING・JUNJUNが伝授!おすすめメイクアイテムも!

★良かったらシェアしてください★

眉毛メーク

2018年6月22日「スッキリ」の眉ブス刑事企画で放送された、『眉メイク(眉メーク)のテクニック』をご紹介します。教えてくれたのは、美容のプロであるGENKING(ゲンキング)さん・JUNJUN(じゅんじゅん)さん。眉毛は、顔の印象がガラっと変わる大事なポイントです。眉ブス刑事が教えてくれた、美しい眉毛になるテクニックをまとめています。

スポンサーリンク

男眉の方は、眉マスカラファーストで!

きりっとした眉毛の方は、先に眉マスカラをすることでふんわり優しい印象になります。

眉毛メイク術1

ニュアンスアイブローマスカラを使います。
あらかじめ、ブラシに付いた余分な液をティッシュで取っておきます。

②眉尻から眉頭に向け、毛を起こしながら塗ります。

色が根本からしっかり付き、ふんわりした印象になります。

③眉頭から毛並みを整えます。

④仕上げに、足りないところにノーズ&アイブロウパウダーを少し付け足せばOK!

困り眉の方は、立体アーチ眉に!

眉尻が下がった困り眉毛の方は、今年のトレンド「ふんわりした印象の優しいアーチ型」に変えます。

眉毛メイク術2

①アイブローペンシルを使います。リキッドやパウダーに比べて、初心者でも使いやすいアイテムです。

ペンシルで、眉頭の下のラインから眉尻にかけて描きます。

上のラインを書いてしまうと、輪郭がはっきりしすぎて不自然なべたっと眉毛になってしまう。眉の下だけガイドラインを描くのがポイント!

②眉頭は、下から上に向かって、一本一本毛を描くようにします。

立体的になります

③最後に、眉毛を起こすように眉マスカラを塗ってふんわりさせれば完成!

眉毛が生えてこない方は、眉スタンプを使用!

眉毛が映えてこない方は、描きすぎないように眉スタンプを使い、ナチュラルに仕上げます。

眉毛メイク術3

アイブロウスタンプを眉毛に押します。

②仕上げに、ペンシルで隙間を埋めればOK!

男性の眉毛は、描き足してキリっと眉に!

男性の場合は、長さや形を変えるのではなく、元の眉毛に濃く描き足すことでキリっとした眉毛になります。

眉毛メイク術4

①リキッドで、毛流れに沿って1本1本描き足すようにします。
眉頭は、上から下へ描き足せばOK!

眉尻に向かって下げていっくように描くと、自然に仕上がります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、眉毛メイクのテクニックについてご紹介しました。私も細い眉毛にしたりくっきり山を作ったり、ナチュラルっぽくしたり・・・今まで色々と試しました(*^^*) やはり眉毛ひとつでだいぶ顔の印象が変わりますよね。
眉スタンプは今回初めて知ったので、時短にもなりますし失敗しないので、今度挑戦してみようと思います♪ 皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメする記事

2017年10月23日放送「ごごナマ」で、人気メイクアップアーティスト・ピカ子さんが『秋のトレンドメイク術』を教えてくれました!!眉毛・リッ...

https://awesome-style.com/2017/12/28/asaichi-2018-trend-make-fashion/

スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!



★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!