【名医のTHE太鼓判】利き尻を解消してギックリ腰予防!利き尻チェック法も!

★良かったらシェアしてください★

腰痛

2018年1月15日放送「名医のTHE太鼓判」の『腰痛・肩こり解消!トリガーポイントでゆがみリセットSP』で、ギックリ腰を引き起こす利き尻&解消方法が紹介されました!必見です。

スポンサーリンク

ギックリ腰の原因とは?

骨盤のずれ

ギックリ腰を経験したことがあるという松居直美さんの骨盤のレントゲン写真を撮ると、正常な骨盤と比較して、右と左で骨盤の高さが違うことが分かります。

この骨盤のゆがみを放置すると、再度ギックリ腰になる可能性があると言います。

考えられる原因は、座っている時に左右どちらかに傾いていること(利き尻)だとのことです。

利き尻とは?





利き尻とは、骨盤のゆがみで体重が左右どちらかに偏ってしまう状態のこと。

いつも同じ方向に足を組んだり、モデル座りをしたり、すべり座りなどをすることで、利き尻に体重がかかり骨盤のゆがみに繋がると言います。

利き尻を放置しておくと、筋肉や靭帯に負荷がかかり、ギックリ腰を誘発するリスクがあるそうです。

利き尻のチェック方法とは?

利き尻チェック

下記手順で、簡単に利き尻がどうかを確認することができます。

①椅子に座り、両腕を水平に上げて左右に傾いてみます。

②左右に違いを感じる場合は、行きやすい方が利き尻となります。
★左右の違いが無ければ、利き尻ではない

利き尻を解消しギックリ腰を予防する方法とは?

腰が痛くなる原因は、痛みの引き金となる筋肉の張り「トリガーポイント」だと言います。
トリガーポイントは、7割は痛むところと異なる筋肉にあり、ほぐすことで痛みが治まることも多いとのことです。

利き尻がある場合、トリガーポイントは「太ももの内側」とのことです。





●利き尻を解消してギックリ腰を予防する方法

①左右の太ももの内側を手で押してみて、痛みを感じる箇所をゆっくりほぐせばOK!!

②ほぐした後、前述した利き尻チェックを行います。
★ほぐす前と比べて、左右のバランスの違いが無くなっていれば、利き尻が解消している証拠です。

まとめ

今回は、ギックリ腰を引き起こすゆがみの原因&解消法をご紹介しました。私もギックリ腰になったことがありますが、全く動けず辛いですよね。太ももの内側をほぐすのは手軽にできるので、皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

あなたにオススメする記事

2017年11月20日放送「名医のTHE太鼓判」の「長生きする為には太った方がいいのか痩せた方がいいのか!?危ない病改善SP」で、椎間板ヘル...
2017年12月26日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、日本人に多い3大痛みの1つ『腰痛』の解消法が紹介されました!壁を使った腰...
2017年11月10日放送「ヒルナンデス」で、腰痛持ちに必見の「簡単ストレッチ」を腰痛治療のプロが伝授!腰に負担をかけない立ち姿勢や座り方も...

https://awesome-style.com/2017/09/27/soredame-stretch/

スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪



error: Content is protected !!