【たけしの家庭の医学】座布団体操でひざ痛改善!ボールペン挟みテストのやり方も!

クッションたけしの家庭の医学

2017年12月26日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、日本人に多い3大痛みの1つ『ひざ痛』の解消法が紹介されました!座布団・クッションを使ったひざ痛改善法など、今年のうちに改善効果が期待できる名医直伝の方法は必見です。

スポンサーリンク

3大痛みを年内に改善!ひざ痛改善法!

今回は、つらい身体の痛みを今年のうちにスッキリ解決すべく、日本人に多い3大痛みの1つ『ひざ痛』の改善方法が紹介されました。

教えてくれるのは、ひざ治療のスペシャリスト・黒澤尚先生。

早速ご紹介します。

 

ひざ痛の新原因

ひざ痛の新原因について。

それは・・・ひざ関節の滑膜が厚くなること!!

滑膜

 

滑膜は誰にでもあるものですが、通常は薄くエコーでは見えないそうです(上記画像の左)。
しかし、軟骨がすり減ると軟骨の破片が滑膜に付着し、炎症が起きて痛みに繋がり、滑膜が厚くなるとのことです。

これこそが、ひざ痛みの新原因だと言います。





 

滑膜の状態が分かる『ボールペン挟みテスト』

滑膜の状態が分かる『ボールペン挟みテスト』について。

ボールペンハサミ

 

このテストにより、ひざ痛体質が分かるそうです。

 

①仰向けに寝て、片方のひざを抱えます。

②かかとの骨の一番でっぱっているところとお尻の間にボールペンを挟みます。

③ボールペンを持った手を離した時、ボールペンが落ちなければOK!!
★両足行います。
★落ちた場合、滑膜に炎症があり厚くなっている可能性があるそうです。

 

 

座布団を使ったひざ痛予防・改善法

座布団を使ったひざ痛予防・改善法について。

座布団体操

 
この体操は、太ももの筋肉を使うことで骨膜が引っ張られて柔軟になるため、炎症が治まるそうです。
 

①2つ折にした座布団を太ももで挟みます。

②「5秒挟んでゆるめる」という動きを20回繰り返せばOK!!
★1セット20回を、朝・晩行います。

 

尚、下記2つの体操を組み合わせるとより効果的とのことです。

■組み合わせると効果的な2つの体操

【体操1】仰向けに寝て、5秒片足を上げます。

【体操2】横向きに寝て、5秒片足を上げます。

どちらも、1セット20回を、朝・晩行うと良いそうです。




まとめ

今回は、ひざ痛改善法をご紹介しました。今回の改善法以外にも、アボガドの摂取がひざ痛解消には効果的です。下記記事に詳細をまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。

あなたにオススメする記事

https://awesome-style.com/2017/12/12/takeshi-prevent-pain-knee/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



たけしの家庭の医学 健康
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました