【あさイチ】鶏と春菊の水餃子の作り方、ひき肉で作る山脇りこさんのシンプル水ギョーザレシピ(11月12日)

あさイチの鶏ひき肉と春菊の水餃子あさイチ

2020年11月12日にNHK・情報番組「あさイチ(朝イチ)」、みんな!ゴハンだよで放映された、鶏ひき肉と春菊の水ギョーザの作り方をご紹介します。料理研究家の山脇りこさんに教えていただいた、簡単に作れて体が温まる冬におすすめのレシピです。

餃子のタネは、今が旬の春菊を鶏ひき肉・ごま油・塩こしょうと混ぜてシンプルに。茹でる際には、塩を加えたお湯を使うことで皮の味が引き立ってより美味しく仕上がります。皮の包み方もポイントで、タネをのせて半分に包んだ後、両端をつなぐことで丸く可愛い形に!

作り方をまとめましたので、ぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

あさイチ!鶏と春菊のシンプル水ギョーザレシピ

あさイチの鶏ひき肉と春菊の水餃子

(調理時間の目安:15分、料理カテゴリー:メインディッシュ/中華料理)

参考あさイチの記事一覧へ

材料(2~3人分)

【タネ】
春菊 50g
鶏ひき肉(もも) 200g
塩 小さじ1
ごま油(植物系油なら可) 大さじ1
こしょう 少々

餃子の皮(大きめ・厚めがオススメ) 20枚
水 1.5リットル
塩 大さじ1

【タレ】
ラー油 適量
酢 適量

作り方

、春菊は1cm長さに切る。硬い軸は細かく刻むようにします。

、鶏ひき肉をボウルに入れ、塩・ごま油・こしょう・春菊を加えて練る。

、餃子の皮の縁にぐるっと水をつけ、(2)のタネを大さじ1強とって中央にのせる。半分に折り、水をつけて留めたら、両端を繋げて丸い形に整える。

、鍋に水・塩を入れて沸騰させ、(3)をすべて入れて2分ほど茹でる。餃子が浮き上がってきたらさらに3分ほど茹でる。

、茹で上がったら器に盛りつければ出来上がり。はじめはそのまま食べていただき、お好みでラー油・酢などをつけていただきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、あさイチ(あさいち)で放送された「鶏ひき肉と春菊の水ギョーザ」レシピについてご紹介しました。

餃子は焼き餃子派と水餃子派に分かれますが、私はどちらも大好きです!焼き餃子はパリッと焼けた皮が美味しいですし、水餃子はモチモチっとした皮が美味しいですよね。餃子の皮が残ったときはワンタンスープ風にして食べたり、パリっと焼いてバターとハチミツで味付けしてスイーツにしたりして楽しんでいます。

ぜひ作ってみてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作って画像や動画付きで分かりやすくまとめたレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ レシピの記事一覧へ

番組記事一覧あさイチの記事一覧へ

あさイチ」は、NHK総合テレビで月曜~金曜の朝8:15~9:54に放送されている情報番組です。MCは博多華丸さん、博多大吉さん、近江友里恵アナで、リポーターや専門家と一緒に様々な情報を発信しています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



あさイチ レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました