【ヒルナンデス】ひき肉トマトカレーを作る女将飯レシピ(10月13日)いちごジャム&トマト缶で絶品の作り方

ヒルナンデスの女将飯のカレーレシピヒルナンデス

2020年10月13日に日本テレビ系列・情報バラエティ番組「ヒルナンデス!」で放映された、カレーの作り方をご紹介します。人気小料理屋「ゆきみさけ」の女将が教えてくださった、ひき肉&トマト缶を使ってわずか10分で濃厚カレーが出来る女将飯(おかみめし)レシピです。今日の番組では、佐藤栞里さん・かまいたち濱家さんが女将のテクニックを学ぶべく直伝の料理に挑戦!お客さんから愛される味の秘密が分かります!作り方をまとめましたのでぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

ヒルナンデス【女将飯】ひき肉トマトカレーのレシピ

ヒルナンデスの女将飯のカレーレシピ

(調理時間の目安:10分、料理カテゴリー:メインディッシュ/日本料理)

参考ヒルナンデスの記事一覧へ

参考同日に放送された女将飯レシピ

材料(3~4人分)

サラダ油 大さじ1
トマト缶(ダイスカット) 1缶
合い挽き肉 200g
玉ねぎ 1玉
中農ソース お好みの量
カレールー 3~4人分
水 150cc

いちごジャム お好みの量
生クリーム お好みの量
ごはん 3~4人分

作り方

、玉ねぎは3mm幅にスライスする。

、フライパンにサラダ油を温めたら、ひき肉を加えて炒める。

豚バラブロック肉よりひき肉の方が短時間で旨味が出やすい!

、ひき肉に火が通ったら玉ねぎを加え、さらに炒める。

、トマト缶(ダイスカット)を加え、炒める。

フレッシュなトマトではなく完熟トマト缶を加えることで、ひき肉の旨味と合わさって一晩寝かせたような深みのある味わいに。

、玉ねぎがしんなりしてきたら水150cc・カレールウを加え、カレールウをしっかり溶かす。

、隠し味に中農ソースを加える。

、器にご飯を盛り、(6)のカレーをかける。いちごジャムを添え、生クリームをカレーにかければ出来上がり。

人気小料理屋の女将が教えてくれた、わずか10分で出来る濃厚カレーのレシピ。まるで1晩寝かせたようなコク深いカレーに仕上がります。いちごジャムでマイルドな酸味を、生クリームでほど良い甘さをプラスし、隠し味のソースで濃厚なコクを加えます。
スポンサーリンク

▼同日に放送された女将飯レシピはこちらです!

【ヒルナンデス】グラタンをコロッケで作る女将飯レシピ(10月13日)仕込み時間わずか2分で出来る作り方
2020年10月13日に日本テレビ系列・情報バラエティ番組「ヒルナンデス!」で放映された、グラタンの作り方をご紹介します。人気小料理屋「ゆきみさけ」の女将が教えてくださった、わずか2分の仕込み時間でできる女将飯(おかみめし)レシピです。今日...
【ヒルナンデス】とろとろたまごサンドを作る女将飯レシピ(10月13日)ふわふわ卵で絶品の作り方
2020年10月13日に日本テレビ系列・情報バラエティ番組「ヒルナンデス!」で放映された、とろとろ卵サンドの作り方をご紹介します。人気小料理屋「ゆきみさけ」の女将が教えてくださった、高級店風ふわふわトロトロ玉子の女将飯(おかみめし)レシピで...

まとめ

今回は、ヒルナンデスで放送された女将飯「カレー」レシピについてご紹介しました。

小料理屋という響きが良いですよね♪ちょっとくつろいでいくか~という時にふらっと立ち寄りたいお店(笑)ゆったりとした空間でお酒をチビチビ飲むのも鉄板ですが、女将が作る手料理が本当に美味しいんですよね。人工的ではない「お袋の味」のような温かみのある料理。私も昔、その料理の美味しさと女将の人柄にハマってよく行っていたものです(笑)お客さんから愛される絶品料理のレシピはぜひ自分でも作ってみたいもの♪

ヒルナンデスカレー、みなさんも参考にしてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作って画像や動画付きで分かりやすくまとめたレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ レシピの記事一覧へ

番組記事一覧ヒルナンデスの記事一覧へ

ヒルナンデス」は、日本テレビ系列で月曜から金曜の11:55~13:55に放送されている情報・バラエティー番組です。MCは南原清隆さん、アシスタントは滝菜月アナと梅澤廉アナ、そのほかの出演者は曜日ごとに変わるレギュラー陣、準レギュラー陣、ゲストなどから構成されています。主婦層を中心に人気が高い番組となっています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ヒルナンデス レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました