【世界一受けたい授業】フルーツ飴の作り方と動画、りんごあめなどが失敗しないで出来るサイエンススイーツのレシピ(9月19日)

【世界一受けたい授業】フルーツ飴レシピ

2020年9月19日に日本テレビ系列・教育バラエティ番組「世界一受けたい授業」で話題となった、失敗しないフルーツあめの作り方をご紹介します。スイーツレシピ本1位の、子供と一緒に作って学べる不思議なお菓子・サイエンススイーツのレシピです。

サイエンススイーツとは、お菓子作り=科学実験のような感覚で、調理を通して科学的な現象を学べるもの。考案者は、ケーキデザイナーで芸術教育士の太田さちか先生。お子さんが楽しく学べてスイーツも作れるので今話題となっています。

「フルーツ飴」は、砂糖などで作った飴の温度を140度にするのがポイント。これで失敗せずに作れます。リンゴ・マスカット・いちごなど、お好みのフルーツを使ってお祭り気分が味わえますよ。作り方をまとめましたのでぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

世界一受けたい授業!フルーツあめ・りんご飴のレシピ

●レシピ動画

実際に作ってみたので、宜しければ参考にしてください☆

(調理時間の目安:20分、料理カテゴリー:スイーツ/日本料理)

参考世界一受けたい授業の記事一覧へ

参考その他のサイエンススイーツレシピ

材料(作りやすい分量)

グラニュー糖 200g
水 80ml
食用色素(赤) ごく少量
お好みのフルーツ(りんご・ぶどう・いちごなど) 適量

姫りんごを使う場合、10個分のりんご飴が作れます。

作り方

、フルーツは、必要ならばよく洗い、すべて水気をふき取って竹串などに刺しておく。

、火にかけていない鍋にグラニュー糖・水・食用色素を入れ、混ぜ合わせる。

今回私は、食用色素は付属のスプーン1杯分使いました。

、火にかけ、かき混ぜずにそのまま加熱する。

かき混ぜてしまうと砂糖が結晶化してザラザラになってしまうので要注意。

、グラニュー糖・食用色素がすべて溶けて140度になったら、素早く(1)のフルーツをくぐらせてコーティングし、クッキングシートの上に並べる。

コーティングの温度は140度にするのがポイント。水を少し多めにすることでフルーツ全体に絡み、固めやすくなります。170度を超えるとカラメルになって苦みが出てしまうので要注意。飴はすぐに固まるので、2度付けしないようにすると綺麗に仕上がります。

、冷めたら器に盛り付ければ出来上がり。

今回私は、ぶどう・りんご・パイナップル・冷凍いちご(いちごが無かったので)を使って作ってみましたが、水分の多いパイナップルや冷凍いちごは飴がうまくつきませんでした。使うフルーツ砂糖の温度に気を付けて、お好みの飴を作ってみてください。

作ってみた感想・レビュー

スポンサーリンク

これはお子さんも大好きなのではないでしょうか。お祭りで食べるようなフルーツ飴が自分で簡単に作れます!

使うフルーツは水気をしっかり拭き取ってから飴をコーティングするのがポイント。水分が多いとうまく飴がつかなくなってしまいます。実際、水分の多いパイナップルや冷凍いちごは、できるだけ水分はふき取ったもののあまりうまくコーティングできませんでした。特に冷凍いちご・・・(笑)

飴をコーティングする温度もポイント。もたついてしまうとあっという前に温度が高くなってカラメルのようになってしまうので、周りに必要なものを置いておいてから鍋を加熱すると良いかと思います☆

食べると普通に甘くて美味しいあめ♪作って楽しく、食べて美味しいサイエンススイーツです!

▼同日に放送されたサイエンススイーツのレシピはこちらです!

【世界一受けたい授業】サイエンススイーツのレシピ・動画まとめ(9月19日分)不思議なお菓子の作り方
2020年9月19日に日本テレビ系列・教育バラエティ番組「世界一受けたい授業」で話題となった、サイエンススイーツのレシピをご紹介します。 サイエンススイーツとは、お菓子作り=科学実験のような感覚で、調理を通して科学的な現象を学べるもの。考...
【世界一受けたい授業】無重力パフェをメレンゲクリームで作るレシピ・動画、サイエンススイーツの作り方(9月19日)
2020年9月19日に日本テレビ系列・教育バラエティ番組「世界一受けたい授業」で話題となった、メレンゲクリームを使った無重力パフェの作り方をご紹介します。スイーツレシピ本1位の、子供と一緒に作って学べる不思議なお菓子・サイエンススイーツのレ...
【世界一受けたい授業】溶けないアイスの作り方と動画、寒天ミルクで!サイエンススイーツのレシピ(9月19日)
2020年9月19日に日本テレビ系列・教育バラエティ番組「世界一受けたい授業」で話題となった、粉寒天・牛乳で作る溶けないミルクアイスの作り方をご紹介します。スイーツレシピ本1位の、子供と一緒に作って学べる不思議なお菓子・サイエンススイーツの...

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ 世界一受けたい授業の記事一覧へ

太田さちかさんの紹介とサイエンススイーツのレシピ本

今回サイエンススイーツを教えてくれた太田さちかさんは、ケーキデザイナーで芸術教育士。日本だけでなくフランスでも製菓・芸術を学び、芸術教育士としてお子さんとお母さんのためのアトリエ「My little days」を設立。10年以上キッズ向けワークショップを展開されています。

太田さちかさんのオフィシャルブログはこちら

●レシピ本

サイエンススイーツのレシピ本はこちらです。お子さんもワクワクして楽しく作れる不思議なお菓子がたくさん掲載されていますよ。

まとめ

今回は、世界一受けたい授業で放送されたサイエンススイーツ「失敗しないフルーツあめ・リンゴ飴」レシピをご紹介しました。

このサイエンススイーツは他の番組でも取り上げられていて、その時から面白いな~と見ていました。私は小さいころは実験が好きだったので、理科の実験のような感覚でスイーツが作れるならお子さんも喜びそうですよね♪そして料理の面白さにも目覚めるかもしれませんよね!サイエンススイーツで紹介されているレシピは出来上がりもオシャレなものが多いので、作る工程と完成の両方を楽しみつつ、科学的なことも学べるのでとっても良いですね!

ぜひ皆さんも作ってみてください☆

世界一受けたい授業」は、日本テレビ系列で毎週土曜日の19:56~20:54に放送されている教育バラエティ番組です。校長先生として堺正章さん、教頭先生として上田晋也(くりぃむしちゅー)さん、学級委員長として有田哲平(くりぃむしちゅー)さんほかゲスト陣が出演され、特別講師を招いて授業形式で色々な知識を学べるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました