【あさイチ】お米のガレットの作り方、ホタテとアスパラで!冷やごはんで出来るフレンチ料理シェフのレシピ(7月1日)

あさイチのガレットあさイチ

2020年7月1日にNHK・情報番組「あさイチ(朝イチ)」、みんな!ゴハンだよで放映された、お米でガレットの作り方をご紹介します。フランス料理店オーナーシェフの高良康之に教えていただいたレシピです。ガレットといえばフランスの郷土料理ですが、それを和食であるご飯を使って作ります。ホタテとアスパラを油をひかずに焼いたあと、冷やご飯と玉ねぎを炒めてワインやスープで煮て、粉チーズでとろみをつけた後カリカリに焼いて仕上げます。作り方をまとめましたので、ぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

あさイチ!冷やご飯で作るお米のガレットレシピ

(調理時間の目安:20分、料理カテゴリー:メインディッシュ)

参考あさイチの記事一覧へ

材料(2人分)

グリーンアスパラガス 4本
塩 適量
帆立て貝柱(刺身用) 4個
オリーブ油 小さじ3
玉ねぎ 40g
冷やご飯 120g
白ワイン 大さじ2
スープ(洋風スープのもとを説いたもの) 60ml
粉チーズ 大さじ1強
セルフィーユ 適量

作り方

、アスパラは穂先は8cm長さに切り、残りは皮をむいて細かく刻む。

、冷たいフライパン(油をひかない)の半分のスペースにアスパラの穂先を入れ、弱めの中火にかけて焼く。アスパラから水分が出てきたら塩(ひとつまみ)をふる。

油をひかずに焼くことで旨味と香りを逃がさず調理できます。

、空いているスペースに帆立を並べ、塩(ひとつまみ)をふる。そのタイミングでアスパラの上下をひっくり返し、アスパラの裏面にも塩(ひとつまみ)をふる。帆立は、焼き目がついたらひっくり返して裏面にも塩(ひとつまみ)ふり、裏面に焼き目がつくまで焼く。

、オリーブ油(小さじ2)を回し入れて香りと風味を付けたら、すぐに帆立とアスパラをバットに取り出す。

、同じフライパンに刻んだアスパラ、みじん切りにした玉ねぎを入れ、弱めの中火にかける。塩(ひとつまみ)をふり、フライパンに残った旨味をこそげ取りながら炒める。

、火が通ったら冷やご飯(水で洗いぬめりをとったもの)を加え、炒め合わせる。塩(ひとつまみ)をふり、全体の味を調える。

、白ワインを鍋肌から回し入れ、炒めてアルコールを飛ばす。

白ワインの酸味で甘味が際立ち、軽やかな仕上がりになります。

、アルコールが飛んだらスープを加え、お米がある程度水分を吸ってきたら粉チーズを加えて馴染ませる。

、オリーブ油(小さじ1)を加えてしっかりと混ぜ合わせたら、2等分にしてそれぞれ平たい円形に整える。ヘラなどで押し付けながら成形して円形にしたら、片面1分半~2分ほど焼き色をつける。

10、焼き色がついたら上下を返し、(4)の帆立・アスパラを戻し入れて温める。器にお米のガレットをのせ、その上にアスパラ・帆立をのせる。仕上げにお好みでセルフィーユをのせれば出来上がり。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、あさイチ(あさいち)で放送された「冷やご飯で作るガレット」レシピについてご紹介しました。

じゃがいものガレットは作ったことがありますが、お米で作るとは・・・さすがプロですよね!見た目はハンバーグのような感じですが、帆立やアスパラ、スープの旨味を吸っていてとても美味しそうでした♪

ぜひ参考にしてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作って画像や動画付きで分かりやすくまとめたレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ レシピの記事一覧へ

番組記事一覧あさイチの記事一覧へ

あさイチ」は、NHK総合テレビで月曜~金曜の朝8:15~9:54に放送されている情報番組です。MCは博多華丸さん、博多大吉さん、近江友里恵アナで、リポーターや専門家と一緒に様々な情報を発信しています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



あさイチ レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました