【サタデープラス】豆苗炒めの作り方、弱火調理人・水島弘史さんの中華料理レシピ(6月27日)サタプラ

サタデープラスの豆苗炒めレシピサタデープラス

2020年6月27日にTBS系列・生活情報番組「サタデープラス(サタプラ)」で放映された、豆苗炒めの作り方についてご紹介します。弱火調理のプロでお馴染みの、シェフで料理科学研究家の水島弘史(みずしまひろし)さんが教えてくださった絶品中華料理のレシピです。

水島弘史さんといえば「弱火が料理を美味しくする!」と提唱され、これまでにも様々なメディアで科学的調理理論を駆使した弱火調理術を披露してこられた方。番組でも、弱火調理で作るカレー焼き餅グラタンなどを過去に紹介してくれて大好評でした!手間や時間はかかりますが、その分美味しさもアップ!作り方をまとめましたので、ぜひご家庭でも試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

サタプラ!弱火調理で豆苗炒めレシピ

弱火調理で豆苗炒めレシピ

(調理時間の目安:10分、料理カテゴリー:メインディッシュ)

関連サタデープラス(サタプラ)の記事一覧へ

関連同日に放送された水島弘史さんの弱火料理レシピ

材料(1人分)

豆苗 100g
鷹の爪 1本
ニンニク 1/3かけ
塩 小さじ1/5
こしょう 適量
ごま油 適量
サラダ油 適量

作り方

、鷹の爪は小口切りにする。豆苗は一口大に切る。ニンニクはみじん切りにする。

、冷たいフライパンに豆苗・鷹の爪を入れ、サラダ油を上から回しかけて混ぜ合わせ、しっかり馴染ませる。

初めに油と具材を馴染ませておくことで、きれいに火が通ります。

、フライパンを弱火にかけ、3分炒める。

弱火とは、炎の先がフライパンに当たらない程度です。

、ニンニク・塩を加えたら、最後だけ強火にしてごま油・こしょうで味付けする。

最後は香りをたたせるために強火にするのがポイントです。

、器に盛り付ければ出来上がり。

スポンサーリンク

水島弘史さんの紹介とレシピ本

今回時短レシピを教えてくれた水島弘史(みずしまひろし)さんは、1967年福岡県生まれ。シェフで料理科学研究家。恵比寿でフレンチレストランを運営されていた経験も持たれています。水島弘史さんの代名詞は弱火調理。「弱火が料理を美味しくする!」と提唱され、これまでにも様々なメディアで科学的調理理論を駆使した弱火調理術を披露してこられました。講師を務める料理教室「水島弘史の調理・料理研究所」も大好評となっています。

水島弘史さんの料理教室「水島弘史の調理・料理研究所」のオフィシャルサイトはこちら

●レシピ本

水島弘史さんのレシピ本はこちらです。ご紹介しているのは一部ですので、「~で探す」ボタンを押していただくとその他のレシピ本も検索いただけます。

まとめ

今回は、サタデープラス(サタプラ)で放送された水島弘史さんの弱火料理レシピをご紹介しました。

私はせっかちなので調理では火力を強めにしがちなのですが、弱火でゆっくりと加熱することで食材の旨味を最大限に引き出すことができるんですよね!弱火調理は手間や時間がかかりますが、今の時期はおうち時間も多いのでこの機会に試してみるのも良いかもしれなせんね♪弱火なので加熱しすぎた・・・なんて失敗もなくなりそうです。

みなさんもぜひ作ってみてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ サタデープラス(サタプラ)の記事一覧へ

サタデープラス(サタプラ)」は、TBS系列で毎週土曜日の朝8:00~9:25に放送されているワイドショー・生活情報番組です。MCは丸山隆平さん(関ジャニ∞)、小堺一機さん、小島瑠璃子さん。旬なニュースや話題に関して、役立つ知識や情報を楽しく学ぶ大人のための週末講座となっています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



サタデープラスレシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました