【ごごナマ】さんまのかば焼き柳川風の作り方、和食の野崎洋光シェフのサンマ缶詰レシピ(2月5日)

ごごナマのさんま缶詰のかば焼き柳川風レシピごごナマ

2020年2月5日にNHK・情報番組「ごごナマ(ごごなま)」で放映された、さんまのかば焼き柳川風の作り方についてご紹介します。日本料理店総料理長の野崎洋光シェフが教えてくれた缶詰料理レシピです。缶詰は手軽に使えるので便利ですよね!特に健康志向の人に大人気で一大ブームも巻き起こりました。今日は、サンマのかば焼き缶を使い、和食のプロの技で簡単&激ウマ料理を紹介!作り方をまとめましたのでぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

ごごナマ!さんまのかば焼き柳川風のレシピ

さんまのかば焼き柳川風

画像出典元:NHK「ごごナマ」

(調理時間の目安:15分、料理カテゴリー:メインディッシュ)

参考ごごナマの記事一覧へ

材料(2人分)

さんまのかば焼き(缶詰) 1缶(100g)
卵 2個
ごぼう 70g
ねぎ 1/2本(60g)
三つ葉 3本

【A】
缶汁 1缶分
水 90ml
醤油 大さじ1強

作り方

、ごぼうは水でサッと洗って水気をきり、縦に切り込みを数本入れ、包丁の刃先で薄くそいでささがきにする。三つ葉はザク切りにする。ねぎは1cm幅の斜め切りにする。卵は軽く溶きほぐす。さんまのかば焼きは缶汁を取り分け、一口大に切る。(ごぼうは昔ほどアクが強くないので、さっと洗うだけでOK。皮をこそげ落としたり水に長くさらすと、風味やうまみが抜け出してしまいます)

、小さめの鍋にごぼう・ねぎ・さんまのかば焼きを入れ、材料A(さんまのかば焼き缶の汁・水・醤油)を加え、中火にかける。ひと煮立ちしてごぼうに火が通ったら、溶き卵の半量を回し入れる。

、ひと呼吸おいて、卵が固まってきたら残りの溶き卵を回し入れ、半熟状になったら火から下ろす。(卵を2回に分けて流し入れることで、程よく火の通った部分と半熟部分ができ、両方の味わいを楽しめる)

、三つ葉をのせ、お好みで粉ざんしょう(適量:分量外)をふれば出来上がり。

甘辛いかば焼き味の「さんまの缶詰」は、ごぼうの風味と相性抜群!ごぼうと一緒に煮て卵でとじるだけで柳川風が出来るのでとっても手軽です。
スポンサーリンク

まとめ

今回は、ごごナマ(ごごなま)で放送された、野崎シェフの「さんまのかば焼き柳川風」レシピについてご紹介しました。

缶詰を使って簡単にプロのような料理が出来るなんて凄いですよね。缶詰というと手軽なイメージですが、プロの手にかかれば一気にオシャレに変身しますね!栄養満点で美味しさも一流。

皆さんもぜひご家庭で作ってみてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ ごごナマの記事一覧へ

ごごナマ」は、NHKで毎週月曜から金曜日13:00~放送されている情報番組です。金曜日は西川きよしさん、三戸なつめさん、浜本広見さん(テンダラー)、近田雄一アナがMCを担当され、「美味しい金曜日」をテーマに内容が構成されています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ごごナマ レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました