【ごごナマ】具だくさん焼きそばの作り方、ポリ袋で湯せんして出来る災害食レシピ(1月17日)

ごごナマの焼きそばレシピごごナマ

2020年1月17日のNHK「ごごナマ」おいしい金曜日で放送された、具だくさん焼きそばの作り方についてご紹介します。防災クッキングアドバイザーの鈴木佳世子さんが教えてくださった災害食レシピです。今回番組では、震災など非常時に役立つ栄養満点の美味しい災害食を特集。焼きそば・粉末ソース・戻した乾燥野菜をポリ袋に入れ、湯せんするだけで出来るので避難所でも役立ちます。トッピングには栄養が豊富なコーンやツナ缶を使って。作り方をまとめましたのでぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

災害食に!ごごナマの焼きそばのレシピ

具だくさん焼きそば

画像出典元:NHK「ごごナマ」

(調理時間の目安:25分、料理カテゴリー:麺料理)

参考ごごナマの記事一覧へ

材料(1人分)

焼きそば 1玉
粉末ソース 1袋
乾燥野菜 山盛り大さじ3
水(お湯) 大さじ2
コーン缶 大さじ2
ツナ缶 大さじ1
マヨネーズ 少々

作り方

、耐熱ポリ袋(湯せんできる高密度ポリエチレンの袋)に乾燥野菜を入れ、水(お湯)を加えて戻す。

、(1)のポリ袋に焼きそば・粉末ソースを加え、ポリ袋を振って混ぜる。

、15分湯せんしたら、お好みでコーン・ツナ(缶の油ごと)をのせ、マヨネーズをかければ出来上がり。

災害時でも食べられる、湯せんで作れる焼きそばのレシピ。ポリ袋に材料を入れて湯せんするだけなので、包丁やまな板などがなくても手軽に作れます。コーンにはタンパク質・ビタミン・鉄分などが含まれており、ツナにはタンパク質・DHA・EPAなどの栄養素がたっぷり含まれています。
スポンサーリンク

まとめ

今回は、防災クッキングアドバイザーの鈴木佳世子さんが教えてくれた「具だくさん焼きそば」のレシピをご紹介しました。

本日は、阪神・淡路大震災から25年目。私も被災したことがあるので分かるのですが、部屋にはとても帰れないですし、ライフラインも通ってないので本当に生活が困難になるんですよね。何より不安でストレスもたまります。食事も満足にできないので、ポリ袋ひとつで出来て栄養も摂取できるような簡単料理はとても役立ちますよね。

皆さんも、いざという時のためにぜひ参考にしてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ ごごナマの記事一覧へ

ごごナマ」は、NHKで毎週月曜から金曜日13:00~放送されている情報番組です。金曜日は西川きよしさん、三戸なつめさん、浜本広見さん(テンダラー)、近田雄一アナがMCを担当され、「美味しい金曜日」をテーマに内容が構成されています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ごごナマ レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました