【にじいろジーン】ふわとろ玉子の本格親子丼の作り方、和食ミシュランシェフのレシピ(12月7日)!ふるさとクッキング

にじいろジーンの親子丼レシピにじいろジーン

2019年12月7日のフジテレビ系列「にじいろジーン」、出張ふるさとクッキングで放送された、親子丼の作り方についてご紹介します。ミシュランで5年連続一つ星を獲得した乃木坂しん・料理長である石田シェフが教えてくださった即興料理で、家庭でも簡単に真似できる絶品レシピです。今回の舞台は、新潟県山北地区。ふわふわ・トロトロの玉子が美味しい絶品親子丼が出来ますよ!作り方をまとめましたのでぜひご家庭でも試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

ふわとろ玉子の本格親子丼のレシピ

親子丼のレシピ

(調理時間の目安:15分、料理カテゴリー:ごはんもの/日本料理)

参考にじいろジーンの記事一覧へ

材料(2人分)

鶏もも肉 150g
白ネギ 5g
卵(全卵) 3個
卵黄 1個分
ごはん 適量
焼き海苔 適量

【だし】
顆粒だし 少々
薄口醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
水 100cc

作り方

、鶏もも肉は、皮ごと一口サイズにカットする。ネギは斜めに薄切りにする。

、フライパンに水・顆粒だし・薄口醤油・みりんを入れてひと煮立ちさせたら、(1)の鶏もも肉を加えて火入れする。

、ネギを加えて火入れする。

、鶏もも肉・ネギに火が通ったら、ボウルに卵(全卵)を割り入れてフライパンに加える。白身は鍋の縁へ・黄身は鍋の中央へ集めるようにして、別々に火入れをしながら少しずつ混ぜる。(白身は火が入りづらいため、熱が入りやすい鍋の縁によせるのがポイント。

、白身が白くなり、半熟の状態になったら火を止める。仕上げに卵黄を加え、余熱で全体をふんわりと混ぜ合わせる。

、器にご飯を盛り、その上に(5)をかける。焼き海苔をふれば出来上がり。

家庭でも簡単にフワトロ玉子を作ることができるレシピ。火の通りが異なる卵の白身・黄身を別々に火入れするのがポイントです。最後に余熱で卵黄を混ぜ合わせているので、コクを残すこともできます。
スポンサーリンク

レシピを教えてくれたシェフのお店

今回レシピを教えてくれた石田シェフのお店はこちらです。

Google マップ
【住所】〒107-0052 東京都港区赤坂8丁目11−19 エクレール乃木坂 関根ビル
【電話番号】03-6721-0086

まとめ

今回は日本食ミシュランシェフが教えてくれたフワトロ親子丼レシピをご紹介しました。

私は溶き卵を流し入れていましたが、卵黄・白身をフライパンの別々の場所で火入れした方が良いんですね!なんだか素人には難しそうに見えましたが、これでシェフのようなふわとろ感が出せるなら試す価値ありですね♪

みなさんもぜひ作ってみてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ

にじいろジーン」は、フジテレビ系列で毎週土曜日の朝8:30~9:55に放送されている情報バラエティ番組です。レギュラーは山口智充さん・ガレッジセール・飯豊まりえさん。毎回ゲストを迎え、七色の企画で家族全員が楽しめるような番組です。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



にじいろジーン レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました