【あさイチ】鮭のつくね鍋の作り方、ゆずバター香る塩田ノアさんのレシピ(12月2日)!シャキシャキ野菜が美味しい

あさイチの柚子バター香る鮭のつくね鍋レシピあさイチ

2019年12月2日のNHK「あさイチ」のみんな!ゴハンだよで放送された、柚子バター香るさけのつくね鍋の作り方ついてご紹介します。料理研究家の塩田ノアさんに教えていただいたレシピです。つくねは生鮭を叩いて作り、玉ねぎ・キャベツ・高野豆腐などと一緒に出汁で煮込みます。バターに柚子の皮をたっぷり混ぜたものを加え、柚子の香りが広がる塩バタースープに仕上げた一品です。爽やかな柚子の香りとバターのコク、塩味が合わさった中に具材の旨味も加わり、満足感のあるお鍋料理です。作り方をまとめましたのでぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

ゆずバター香る!鮭のつくね鍋のレシピ

柚子バター香る鮭のつくね鍋レシピ

(調理時間の目安:20分、料理カテゴリー:鍋料理)

材料(2人分)

生鮭(切り身) 2切れ(200g)
高野豆腐 1枚
玉ねぎ 1/2個分
キャベツ 200g
水菜 1~2株分
しめじ 1/2パック

湯 600ml
白だし(市販) 適量
白ワイン 大さじ3
バター 30~40g
ゆずの皮 1/2個分

<A>
溶き卵 1/2個分
片栗粉 大さじ2
細ネギ 大さじ2
塩 小さじ1/3
砂糖 ひとつまみ

作り方

1、細ネギは小口切りにする。玉ねぎは薄切りにする。キャベツは千切りにする。水菜はざく切りにする。しめじは石づきを取って子房に分ける。ゆずの皮はすりおろす。

2、高野豆腐はぬるま湯に10分ほどつけて戻し、水気を絞って3mm幅に切る。

3、鮭は、身をスプーンでこそげとり、皮と血合いを除いで包丁で粗く叩く。ボウルに入れ、材料A(溶き卵・片栗粉・細ネギ・塩・砂糖)を加えてよく練ったら、手水をつけて一口大に丸める。

4、鍋に湯を沸かし、(3)を入れて表面の色が変わるまで下茹でする。そのあと取り出し、アクを取り除く。

5、白だし・白ワインを鍋に加えて吸い物よりも少し濃いめにし、塩(適量:分量外)で味を調える。玉ねぎ・キャベツ・水菜・しめじをそれぞれ半量分加え、(2)の高野豆腐、(4)で取り出したつくねを加えて2分ほど煮る。

6、バター・ゆずの皮を混ぜ合わせたものを半量分加えて仕上げれば出来上がり。

ポイント

バター・ゆずの皮の残りはお好みで加える。食べながら、残りの玉ねぎ・キャベツ・水菜・しめじを加えて煮る。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、料理研究家の塩田ノアさんが教えてくれた「ゆずバター香るさけのつくね鍋」のレシピをご紹介しました。

色々なお鍋の種類がありますが、柚子が香る塩バターのスープで頂くお鍋は食べたことがないのでとても美味しそうでした!柚子と塩で爽やかさもありつつバターでコクも出るので、具材がより美味しく食べられそうです。魚で作ったつくねや低糖質の高野豆腐でヘルシー鍋でもありますね!

みなさんもぜひ参考にしてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、レシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

レシピのレビュー記事一覧へ

あさイチの記事一覧へ レシピの記事一覧へ

あさイチ」は、NHK総合テレビで月曜~金曜の朝8:15~9:54に放送されている情報番組です。MCは博多華丸さん、博多大吉さん、近江友里恵アナで、リポーターや専門家と一緒に様々な情報を発信しています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



あさイチ レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました