【林修の今でしょ講座】長生きマッチョ体操のやり方、30秒でできる筋肉がつきやすくなる簡単運動【11月19日】

林修の今でしょ講座の長生きマッチョ体操健康

2019年11月19日のテレビ朝日系列「林修の今でしょ!講座」で放送された、長生きまっちょ体操のやり方についてご紹介します。運動生理学者の谷本道哉先生名医が教えてくれた、筋肉の老化予防に効果的な簡単エクササイズです。健康長寿に欠かせないのは、いつまでも自分の足で歩ける丈夫な筋肉ですよね!食事も大切ですが、適度な運動も大切。この体操は30秒でできるのでぜひ皆さんも実践してみてくださいね☆

スポンサーリンク

筋肉がつきやすくなる!長生きマッチョ体操

長生きマッチョ体操のやり方

やり方

1、まずは前屈の動きをする。足を肩幅に開いてまっすぐ立ち、首だけしを下にむける。両手を体の前で組んで下におろし、背中を丸める。手をさらに下にさげ、体をぐっと前に倒して前屈する。

ポイント

3段階に分けて丁寧に行うのがポイント!

2、元の体勢に戻す。

3、今度は上体反らしの動きをする。首だけ上を向く。腰(なるべく後ろの部分)に両手を当て、胸をはって体を後ろにそらす。

ポイント

腰に両手を当てる時はできるだけ後ろにおき、肩甲骨を寄せるように。

4、元の体勢に戻す。

30秒で筋肉がつきやすい体になる体操。「前屈」・「上体反らし」の2つの基本的な体操を丁寧に行うことで、効果が期待できます。毎日続けることが大切です!
スポンサーリンク

朝からタンパク質を摂ることも大切

100歳を過ぎても元気に歩く筋肉を維持するためには、卵や豚肉などタンパク質が豊富な食材を朝からしっかり食べることも大切。日本人は朝のタンパク質が不足している傾向にあるんだそうですよ。

タンパク質は筋肉をつくる材料のため、不足すると筋肉が衰える危険性もあります。タンパク質を十分とっていれば運動をしなくても筋肉の合成が進むため、積極的に摂取するようにしたいものですね。

1日のタンパク質の摂取目安量は、体重1kgあたりタンパク質1gです。例えば、体重60kgの方の場合は60gとなります。

まとめ

今回は、筋肉の衰えを予防する長生きマッチョ体操のやり方をご紹介しました。

ラジオ体操でおなじみの前屈・上体反らしの動きを丁寧に行うことで、筋肉がつきやすくなるんですね!これなら簡単なので続けやすそうです。

みなさんもぜひ試してみてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では様々な健康関連記事をまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

健康の記事一覧へ 林修の今でしょ講座の記事一覧へ

林修の今でしょ!講座」は、テレビ朝日系列で毎週火曜日19:00~放送されている教養バラエティ番組です。MCは林修さん、松尾由美子アナ。毎回専門講師を招き、学友として出演されるゲストの方と一緒に健康知識を学んでいくものです。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



健康 林修の今でしょ講座
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました