【世界一受けたい授業】ちりめんじゃこの混ぜ混ぜご飯の作り方、ばぁばの日本の家庭料理レシピ【10月26日】

世界一受けたい授業のじゃこの混ぜご飯レシピ

2019年10月26日の日本テレビ系列「世界一受けたい授業」で放送された、ちりめんじゃこのまぜまぜご飯の作り方についてご紹介します。日本料理研究家のばぁばこと鈴木登紀子先生が教えてくれた和食レシピです。現在94歳で、人の心を豊かにするような昔ながらの味わい深い料理が魅力的ですよね!作り方をまとめましたのでぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

ばぁばのちりめんじゃこ混ぜ混ぜご飯のレシピ

(調理時間の目安:5分、料理カテゴリー:ごはんもの)

材料(4人分)

ごはん(温かいもの) 3カップ分
ちりめんじゃこ 1/2カップ
白いりごま 大さじ5

もみ海苔 1枚分
大葉 適量
梅干し 適量

作り方

1、大葉は細く刻む。梅干しは種を取り除き、包丁の背で叩いて潰す。

2、寿司桶に炊き立てのごはんを入れ、白いりごま・ちりめんじゃこ・海苔・1の大葉・1のたたき梅を加える。よく混ぜれば出来上がり。

日本料理研究家のばぁばが教えてくれた絶品レシピ。混ぜ合わせるときはご飯を練らず、しゃもじで手間に返すようにすると美味しく仕上がります。さっぱりした味わいなのでパクパクと食べられそうですよ。セロリとコーンビーフの組み合わせで混ぜご飯を作るのもオススメなんだそうです。
スポンサーリンク

▼同日に放送されたレシピはこちら!

【世界一受けたい授業】切り干し大根のハリハリ漬けの作り方、ばぁばの日本の家庭料理レシピ【10月26日】
2019年10月26日の日本テレビ系列「世界一受けたい授業」で放送された、切り干し大根のハリハリ漬けの作り方についてご紹介します。日本料理研究家のばぁばこと鈴木登紀子先生が教えてくれた和食レシピです。現在94歳で、人の心を豊かにするような昔...
【世界一受けたい授業】松茸の土瓶蒸しの作り方、外国産でも風味アップ!ばぁばの日本の家庭料理レシピ【10月26日】
2019年10月26日の日本テレビ系列「世界一受けたい授業」で放送された、マツタケの土瓶蒸しの作り方についてご紹介します。日本料理研究家のばぁばこと鈴木登紀子先生が教えてくれた和食レシピです。現在94歳で、人の心を豊かにするような昔ながらの...

まとめ

今回は94歳の料理研究家ばぁばこと鈴木登紀子先生が教えてくれた日本料理レシピをご紹介しました。

鈴木さんはNHKの料理番組に40年以上出演されており、昔ながらの手軽に作れる和食を残されています。今もなお現役で活躍されているので本当に凄いですよね!優しいおふくろの味のような料理が味わえますよ。

ぜひご家庭でも作ってみてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、レシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

レシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ 世界一受けたい授業の記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



レシピ世界一受けたい授業
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました