【名医のTHE太鼓判】きくらげ茶漬けのレシピ!ひざ痛・骨粗しょう症予防!2週間の効果も検証!

★良かったらシェアしてください★

きくらげ

2018年12月17日のTBS系列「名医のTHE太鼓判」で放送された、キクラゲ茶漬けのレシピについてご紹介します。
キクラゲにはビタミンDが豊富に含まれており、関節・骨を丈夫にしてくれます。
番組で紹介されたキクラゲ料理と、実際ひざ痛に悩む大島蓉子さんが2週間食べ続けた効果・結果をまとめます☆

スポンサーリンク

キクラゲは、関節・骨を丈夫にする食材

強い骨を作るには、カルシウムだけでなくビタミンDも必要!!

カルシウム単体では体内に吸収されずらいのですが、ビタミンDは吸収を助けてくれます。

キクラゲに含まれるビタミンDの量は、食品の中でトップクラス。

例えば、舞茸の約6倍も含まれています。

さらに食物繊維の量も食品の中で2位なので、腸内環境を整える効果も期待できます。

美容・健康に良い食材と言えますね(*^^*)

キクラゲの1日摂取目安量

キクラゲの1日の摂取目安量は、6g
乾燥キクラゲだと、6枚でOKです。

キクラゲ茶漬けのレシピ

材料

乾燥キクラゲ
塩 ひとつまみ
お湯

桜エビ
醤油
天かす
万能ねぎ(小口切り)
ごはん

作り方

1、乾燥キクラゲをみじん切りにし、フライパンで2分ほど炒る。

2、急須に1・塩を入れ、お湯を注ぎ入れる。

ポイント

キクラゲ茶が完成!

3、お湯で戻した桜エビをフライパンに入れ、醤油を加えて数分炒める。

ポイント

桜エビのカルシウムを摂取することができます。

4、器にごはんを盛り、2・天かす・万能ねぎをトッピングする。

ポイント

天かすの油分がビタミンDの吸収を助けてくれます。

5、仕上げに2のキクラゲ茶を注ぎ入れれば出来上がり。

スポンサーリンク

その他のオススメレシピ

キクラゲコロッケ
⇒キクラゲに含まれるビタミンDは油に溶けるビタミンのため、油と一緒に摂ると効果的です。

●キクラゲ入りカレー 
●キクラゲ入りリゾット
●キクラゲ入りチキンライス
●コンビニの蕎麦にトッピング

カフェオレ
⇒牛乳のカルシウム・脂質が骨を丈夫にする効果を高めてくれます。

●みたらし団子にキクラゲパウダーをトッピング
⇒粉末のキクラゲパウダーは食事に取り入れやすいので大人気♪

2週間の効果

ひざ痛に悩む大島蓉子さんが、キクラゲを1日6枚、2週間食べ続けた効果・結果です。

ビタミンDの数値で判断します。

30以上だと充足、20~30だと不足、20以下だと欠乏となります。

●実践前:
ビタミンDの数値17

●実践後:
ビタミンDの数値20.8

ビタミンDは簡単には増えないので、名医曰く2週間でこの結果はすごいそうです。

まとめ

今回は、骨・関節を丈夫にしてくれるきくらげについてご紹介しました。

骨を丈夫にするにはカルシウムというイメージですが、単体では吸収率が悪いのでビタミンD・ビタミンKを一緒に摂ることで効率的に摂取することができます(*^^*)

キクラゲはビタミンDの最強食材なので、ぜひ食生活に取り入れていきたいですね☆

▼国産キクラゲ

▼ひざ痛には生姜やアボカドも効果的

2018年6月30日「ジョブチューン」の体に良い薬味SPで放送された、新生姜のサラダのレシピについてご紹介します。生姜は、ひざ痛を予防・改善...
2017年12月12日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、ひざ痛を解消するアボカドが紹介されました。教えてくれたのは、整形外科副部...
スポンサーリンク



この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!