たけしの家庭の医学 アーモンド(ビタミンE)が肝臓の繊維化を予防改善!肝臓の若返りに効果的

アーモンド たけしの家庭の医学
この記事は約3分で読めます。

2018年7月24日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、『肝臓を若返らせるアーモンド(ビタミンE)の効果』についてご紹介します。
肝臓の老化の新原因として今注目を集めている『肝臓の繊維化』。ビタミンEは、肝臓の繊維化を予防・改善してくれる栄養素で、アーモンドに豊富に含まれています。

スポンサーリンク

肝臓が硬くなる繊維化に要注意!

肝臓の特徴

肝臓は200以上の機能を持っており、生命維持に必要不可欠な臓器です。

最も重要な特徴は、再生能力が高いこと。
肝機能が正常であれば、3分の2を切り取っても数か月で元に戻ります。

肝臓の繊維化とは?

肝臓は、全身を巡る「血液の中身(人に必要な栄養)」を作っています。

しかし、肝臓の炎症が起きると、それを修復するために繊維化(かさぶたのようなもの)が起こります。

繊維化が起こると肝臓が少しずつ硬くなるため、機能が低下し、疲れやだるさ・むくみなどの症状に繋がります。

さらに繊維化が進むと、肝硬変となり、最悪肝臓がんに繋がります。

繊維化は、飲酒に関係なく起こります。

肝臓の繊維化の原因は?

肝臓の繊維化は、食べすぎ・運動不足が原因です。

食べぎたり運動不足が続くと内臓脂肪が溜まるため、同じように肝臓にも脂肪が溜まります。

溜まった脂肪は炎症を起こし、この炎症が続くと繊維化してしまうのです。

アーモンド(ビタミンE)は、肝臓の繊維化の予防・改善に効果的

アーモンドは、肝臓の繊維化を予防・改善してくれます。

アーモンドに豊富に含まれる「ビタミンE」は、身体の老化現象を抑制する効果が期待できる栄ため、脂肪が起こす炎症を抑えてくれます。

炎症を抑えてくれるので、肝臓を正常な状態に再生してくれます。

1日に必要な摂取量

肝臓の繊維化が重度な場合、1日に必要なビタミンEは300mg、アーモンド1000粒分です。

しかし、軽度の繊維化の場合は、1日3度の食事にビタミンEの多い食材を加えるだけで改善が期待できます。

オススメのビタミンE食材

アーモンド以外にも、煎茶・かぼちゃ・マヨネーズ・サツマイモ・ほうれん草・パプリカにビタミンEが豊富に含まれています。

特に煎茶は、大さじ2杯分でアーモンド約30粒のビタミンEを含んでいるのでオススメ。

煎茶を使ったオススメレシピ

茶葉を丸ごと食べる「茶葉のおひたし」がオススメです。

出がらしの茶葉に、かつお節(適量)、ポン酢(適量)を加えて混ぜるだけでOKです。

スポンサーリンク

よく噛むことも大切

肝臓の繊維化を招く食べすぎは、早食いが原因の場合があります。

一口30回以上しっかり噛むことで摂取カロリーを抑えることができるため、ビタミンEの摂取と合わせて心がけるとより効果的です。

まとめ

今回は、肝臓を若返らせる栄養素・食材についてご紹介しました。
まとめると・・・・・

  • 肝臓の繊維化が起こると、肝臓が硬くなり病気のリスクを高める
  • 肝臓の繊維化の原因は、食べすぎ・運動不足
  • アーモンド(ビタミンE)が、肝臓の繊維化を予防改善し、肝臓を若返らせてくれる
  • よく噛むことも大切

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

肝臓の老化予防に関するオススメする記事

【ジョブチューン】鶏むね肉で肝臓機能改善・肝硬変予防!脂肪肝チェック法も!
2018年3月24日放送「ジョブチューン」の”TVを観ながら病気の危険度チェックSP”で、肝硬変の予備軍『脂肪肝』のチェック法や、肝臓の機能改善に効果的な食べ物「鶏むね肉」が紹介されました。肝硬変は、肝臓に負担を与えると発症する恐ろしい病気...
林修の今でしょ講座 オクラの健康パワー、オススメの食べ方まとめ!血管・肝臓を老けさせない
2018年7月17日「林修の今でしょ!講座」で放送された、『オクラの健康パワー』についてご紹介します。オクラは、健康長寿が夏によく食べるネバネバ食材。オクラのネバネバ成分が持つ血管・肝臓を老けさせない効果や、名医直伝の夏バテ解消レシピ、栄...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



たけしの家庭の医学健康
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました