たけしの家庭の医学 サバ缶の玉ねぎマリネのレシピ・作り方、BAT(褐色脂肪)を活性化して内臓脂肪減少・ダイエット!

★良かったらシェアしてください★

ゼロトレ

2018年6月26日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、BATを活性化・増加させる『サバ缶の玉ねぎマリネのレシピ』についてご紹介します。教えてくれたのは、料理研究家の奥薗壽子さん。BAT(褐色脂肪細胞)は、脂肪細胞でありながら内臓脂肪を燃焼させてくれる働きがあります。ポイントは、BATを活性化させること。

BATを活性化させれば、筋肉を動かした場合の70~100倍もの脂肪を燃焼させることができるため、ダイエットや健康に繋がります。

名医が教えてくれたBATを増加・活性化するレシピの効果・作り方をまとめています。

スポンサーリンク

BATは内臓脂肪を減らしてくれる!

内臓脂肪が増えると、

・糖尿病
・腎臓病
・高血圧
・脂質異常症
・睡眠時無呼吸症候群
・心筋梗塞
・脳梗塞

など、命に係わる重大な病を発症するリスクが高まります。

内臓脂肪を減らすには、運動や食事制限などのダイエットを行う人は多いですが、なかなか継続するのは難しいですよね。

しかし、体内に存在するBAT(褐色脂肪細胞)を刺激して増やしたり活性化させることができれば、食事制限や運動することなく、内臓脂肪を減らすことができます。

BATが活性化した時の脂肪燃焼効果は、筋肉を動かした時の70~100倍もあります。

BATを増やすことができれば、1年で約1kg体重が抑えらます。

内臓脂肪を燃やすBATとは?

BATは褐色脂肪細胞と呼ばれており、肥満改善や糖尿病予防のために最先端の研究が行われている細胞です。

鎖骨のあたりや背骨のわきに多く見られ、脂肪を燃やして体温を上げる働きをする細胞で、身体のヒーターの役割を担っています。

内臓脂肪を燃料として使うため、BATを活性化させることでどんどん内臓脂肪が減少していくのです。

BATは加齢とともに減少し、60代ではほとんどの人が持っていない状態になってしまいます(赤ちゃんの時が最も多くBATを持っている)。

しかし、最新の研究でBATを増やすことができる方法が判明しました。

スポンサーリンク

BATを増加・活性化させる方法「寒冷刺激」

最新の研究において、体を冷やす「寒冷刺激」を与えることで、BATを活性化・増加させることが判明しました。

人の皮膚には、寒さを感知しBATを増やすセンサーがあり、長期間センサーが寒さを感知するとBATが増えるのです。

BATが多く存在すれば、寒い部屋でも体温が上がります。

しかし、日常生活で寒冷刺激を長時間与えるのはなかなか難しいですよね。

実は、食事でもBATを増加・活性化させることができます。

BATを増加・活性化させるトリップチャネル

BATを増やすセンサーは、皮膚だけでなく体内の消化器にも存在します。

このセンサーは「トリップチャネル」と呼ばれ、温度・辛さなどを感知してBATを増やす働きがあります。

トリップチャネルには3種類あり、それぞれ刺激できる食べ物は下記のとおりです。

トリップV1・・・黒こしょう・唐辛子・生姜・青魚
トリップA1・・・にんにく・玉ねぎ・わさび・からし
トリップM8・・・ミント

3種類のトリップチャネルを同時に刺激することで、BATを効果的に増やし活性化させることができます。

BATを増加・活性化!『サバ缶の玉ねぎマリネ』のレシピ

3種類のトリップチャネルを同時に刺激することのできる常備菜で、BATを増加・活性化させることができます。

材料

・玉ねぎ 1個
・醤油、みりん、お酢 各大さじ1
・生姜 1かけ
・唐辛子 1本
・サバの水煮缶 1缶
・ミント 5g

作り方

①玉ねぎを薄切りにし、耐熱容器に入れます。

②醤油・みりん・お酢・すりおろした生姜・輪切りにした唐辛子を①に加え、軽く混ぜます。

醤油・みりん・お酢を合わせた三杯酢をミントと合わせることで、ミントの強い香りを抑えて和のテイストに変えることができる

スポンサーリンク

③蓋をして、電子レンジ500W~600Wで2分加熱します。

④サバの水煮缶を汁ごと③に加え、軽く混ぜます。
サバの身はあまり崩さず、食感を残すのがポイントです。

EPA・DHAが豊富な汁ごと加えることで、BATがさらに増えます

⑤仕上げに、ミントをちぎって散らせば完成です!

『サバ缶の玉ねぎマリネ』のアレンジレシピ

奥薗さんが教えてくれた、「サバ缶の玉ねぎマリネ」をベースにしたアレンジレシピです。

2018年6月26日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、BATを活性化・増加させる『サバ缶の玉ねぎマリネのアレンジレシピ』に...

まとめ

今回は、内臓脂肪を減らす褐色脂肪細胞BATについてご紹介しました。

脂肪でありながら脂肪を燃焼させてくれる働きをするなんて、有難い細胞ですよね。

しかしながら加齢とともに減少してしまうため、意識して活性化させたり増加させる必要があります。

皆さんも今回のレシピを是非参考にしてみてくださいね。

あなたにオススメする記事

2018年6月20日「美と若さの新常識」のカラダのヒミツSPで放送された、痩せる褐色脂肪を増やす『アジアン漬けプレート』のレシピについてご紹...
2018年4月28日放送「世界一受けたい授業」で、話題の本に学ぶ『内臓脂肪を最速で落とす3つの方法』が紹介されました。実は、日本人は内臓脂肪...
2017年9月26日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、内臓脂肪を減らす海藻『アカモク』と、家庭でマネできる『アカモク』の食べ方が...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪



error: Content is protected !!