名医のTHE太鼓判 1週間減塩法のやり方、効果!塩分を減らし高血圧・むくみ・痛風など予防!

食事、減塩 健康
この記事は約3分で読めます。

2018年6月18日「名医のTHE太鼓判」の塩分を減らすことが重要だSPで放送された、1週間減塩法のやり方と効果についてご紹介します。塩分を摂り過ぎると、高血圧・むくみ・痛風・腎臓病など、様々な病気の原因になります。健康のためには、脂肪・糖分の節制だけでなく減塩することも大切です。
名医オススメの1週間減塩法のやり方、効果をまとめていますので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

塩分を摂り過ぎることによるリスクとは?

厚生労働省が定めた1日の塩分摂取量の基準は、男性8g未満、女性7g未満です。

しかし、日本人の1日の塩分平均摂取量は、男性10.8g、女性9.2gと基準を超えており、名医曰く「塩分を気にしなさすぎ」とのこと。

塩分を多く摂取すると血中の塩分濃度が高くなり、それに伴い水分が引き寄せられて血管が圧迫され、高血圧に繋がります。

高血圧になると、脳卒中心筋梗塞を発症するリスクが高まります。

また、塩分の摂り過ぎは、むくみ痛風などの原因にもなります。

日本人がよく食べる和食は、醤油や味噌を使った料理が多いため、塩分を多く摂りがちです。

例えば、味噌汁の場合、1杯あたり約1.2gの塩分が含まれています。

いつまでも健康でいるためには、日ごろから「塩分を減らす」ことが大切です。

名医が教える「1週間減塩法」のやり方・効果

1週間減塩法は、濃い味になじんだ味覚を戻し、無理なく減塩ができる方法(2通り)です。

塩分が欲しくなくなるので、ストレスなく健康な食生活に戻すことができます。

①かけ事禁止・醤油スプレー

醤油・ソース・ドレッシングなどはかけてはいけません。

一般的に、それぞれの100gあたりに含まれる塩分量はこちら。

  • 醤油:塩分14.5g
  • 中農ソース:塩分5.8g
  • 和風ドレッシング:塩分4.7g

どうしても醤油をかけたい場合は、醤油のスプレーを使います。

一般的な醤油さしは1回で約3gも出ますが、醤油スプレーを使えば1押し約0.1gと量を抑えられるため、減塩に繋がります。

1週間実践した効果

モト冬樹夫妻が「かけ事禁止・醤油スプレー」に1週間実践した結果、1日の塩分摂取量は下記のように減りました。

  • モト冬樹さん:7.26g⇒5.01g
  • 奥さん:3.50g⇒2.21g

さらに、味覚がリセットされたため、普通の味噌汁を飲んだ際にはしょっぱく感じたようです。

②スパイスケース

様々なスパイスをケースに入れて持ち歩きます。

例えば・・・・

  • 山椒
  • バジル
  • こしょう
  • カレー粉
  • かつお節の粉
  • 一味唐辛子
  • ごま油
  • ラー油

など。

スパイスの刺激で、塩気が無くても美味しく食べられるようになります。

ちなみに、料理によってオススメのスパイスも紹介されました☆

  • 油っこい中華系メニューや春巻き、フライ、餃子など⇒ 酢+こしょう
  • 焼肉⇒ 肉の風味を引き出してくれるかつお節の粉
  • 卵かけご飯⇒ ごま油+こしょう+一味唐辛子+ラー油
スポンサーリンク

まとめ

今回は、名医が教える減塩法についてご紹介しました。

塩分の摂り過ぎは高血圧・むくみ・痛風など、様々な病気を引き起こすリスクが高まります。

分かりやすい塩分は自制可能ですが、気付かずに摂取してしまっている「隠れ塩」は注意が必要ですよね。

いつまでも健康でいるためには食生活を正すことが大切です。

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

あなたにオススメする記事

【金スマ】伝説の家政婦Kotoのレシピ!減塩料理のテクニック!作り置きベスト4
2018年3月9日放送「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、伝説の家政婦・Kotoさんが減塩レシピのベスト4を伝授!最も予約が取れないKotoさんの、時短&減塩テクニックは必見です。 第4位:『サバの味噌煮』のレシピ ●減塩率47...
【名医のTHE太鼓判】脱高血圧のレシピ!コンビニサラダにちょい足しするだけ!
2018年3月19日放送「名医のTHE太鼓判」の血圧24時春の突然死を防げSPで、カリスマ栄養士が教える脱高血圧のレシピ・食事法が紹介されました。突然死を防ぐには、血圧をコントロールして高血圧を防ぐことが重要。血圧が急上昇する血圧サージを防...

https://awesome-style.com/2018/05/18/kinsuma-how-to-eat/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



健康名医のTHE太鼓判
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました