【ガッテン】ジャムのレシピ&栗原はるみ直伝トーストを激うまにする裏技など!

ガッテン!ジャムガッテン

2017年11月29日放送「ガッテン!」で、ジャムの新世界&活用術が紹介されました!栗原はるみさん直伝・余ったジャムでトーストを激うまにする裏技や、3分で作る自家製ジャムのレシピ、新型ヘルシージャムはどれも必見です♪

スポンサーリンク

ジャムの新世界!レシピ&栗原はるみ直伝の裏技など!

今回のテーマは、『ジャムの大進化SP』!!

ジャムといえば果物のイメージですが、今や、オニオン・ねぎ・マスクメロン・松ぼっくりなど、野菜から木の実まで使ったジャムもたくさん増えてきているそうです。

そんなジャムの新世界について、早速ご紹介します!!

ジャムとは?

ジャム

そもそもジャムとは、JAS規格によると下記2つの条件を満たすもののことを指すようです。

●果物や野菜などを糖を加えて煮たもの
●糖度40度以上

ジャムは、もともと保存食として生まれたそうですよ。

ジャムの賞味期限は?

ジャムは非常に保存力が高いそうですが、賞味期限は製造から1年~2年とのことです。

ただし、開栓後の保存目安は2週間!!

開栓後は、空気中のカビ胞子・細菌が混入して腐敗する可能性があるためです。

栗原はるみ直伝!絶品ジャムトースト!

人気料理家・栗原はるみさんが、冷蔵庫の余ったジャムでトーストを激ウマにする裏技を伝授してくれました。

ジャム3

その方法とは・・・・・・・

柔らかくしたバターをジャムの瓶に入れて練り、トーストにつけるだけ!!

これにより、バターの脂っこさが抑えられると共に、ジャムのにおい・甘さ・味の濃さといった旨味が増すそうです。

料理に合う!新型ヘルシージャム

東北のフルーツ王国・福島県で発見した、なぜか料理に合う新型ヘルシージャムが紹介されました。

そのジャムとは・・・・シャム!!

シャム

スポンサーリンク

シャム(正式名称:フルーツスプレッド)とは糖度の低いジャムのことで、糖度は40度未満と定義されています。

粘度はジャムより落ちますが、果物本来の味を楽しめると共に、甘味がおさえられたことで塩味・酸味・うまみがアップしているとのこと。

ハンバーグソース・とんかつ・豚肉の生姜焼き・かぼちゃの煮つけなど、様々な料理に取り入れて味のアクセントに使われているようです。

『いちごシャム』のレシピ

いちごジャム

材料

・冷凍いちご 200g(加熱時間を短縮できるため)
・砂糖 20~30g

作り方

①解凍した冷凍いちごをフライパンに入れ、強火で約3分、潰しながら加熱します。

②とろみがついたら火を止め、砂糖を加えて混ぜれば完成です!!

『りんごシャム』のレシピ

材料

・りんご 1個(すりおろし200g)
・砂糖 20~30g
・レモン汁 大さじ1杯

【作り方】

①りんごは皮ごとすりおろし、フライパンに入れて強火で約3分煮詰めます。

②火を止め、レモン汁・砂糖を加えて混ぜれば完成です!!

『りんごシャムを使ったハンバーグソース』のレシピ

材料

※ハンバーグ4個分

・りんごシャム 大さじ2杯
・ケチャップ 大さじ4杯
・ウスターソース 小さじ4杯
・マスタード 15g(お好みで)

作り方

①りんごシャム・ケチャップ・ウスターソース・マスタードをボウルに加え、混ぜれば完成です!!

『マンゴ―シャムを使ったドレッシング』のレシピ

スポンサーリンク

材料

・マンゴ―シャム 45g
・塩 小さじ1/2杯
・オリーブオイル 15g
・酢 15g
・こしょう 少々

作り方

マンゴ―シャム・塩・オリーブオイル・酢・こしょうをボウルに入れて混ぜれば完成です!!

ポイント

マンゴーシャムの作り方は、いちごシャムレシピを参考にしてください。

まとめ

シャムという言葉は初めて聞きました!!

果物を使ったジャムは、ビタミン・食物繊維がたっぷり摂れて美容にも良いので大好きです♪今回紹介されたレシピを参考に、旬の果物を使って自分で今度作ってみたいと思います。

皆さんも是非参考にしてみてくださいね☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ガッテンレシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました