【ヒルナンデス】失敗しない家庭菜園!玉ねぎ・ブロッコリー・イチゴ・にんにく・ミニトマトの育て方!

家庭菜園で育てる野菜 ヒルナンデス
この記事は約3分で読めます。

2017年11月13日放送「ヒルナンデス」で、『主婦が職人に学びたい10のコト』をテーマに、北斗晶さん&森三中が「家庭菜園」の失敗しない技を学びました!家庭で楽しく簡単に栽培できる、玉ねぎ・ブロッコリー・イチゴ・にんにく・ミニトマトの育て方は必見です。

スポンサーリンク

失敗しない家庭菜園!玉ねぎ・ブロッコリー・イチゴ・にんにく・ミニトマトの育て方!

今回の『主婦が職人に学びたい10のコト』では、北斗晶さんをゲストに迎え、前回に引き続き、失敗しない家庭菜園の技が紹介されました。

教えてくれたのは、約2000種類の植物を育て、専門誌を10冊以上出版している家庭菜園職人・深町貴子さん。

早速ご紹介します!!

 

これからの季節に家庭で育てられる野菜

これからの季節に家庭で育てられる野菜について。

ブロッコリー・レタス・玉ねぎ・いちご・パープル白菜・キャベツ・にんにくは、今から育てれば来年の春には収穫できます。

家庭菜園で育てる野菜
 
特に、玉ねぎ・にんにくは虫がつきにくいので嬉しいですよね。
 

今回は、その中でも、イチゴ・ブロッコリー・玉ねぎ・にんにくの育て方をご紹介します。
準備するものはこちら。

●野菜の苗
●プランター(野菜・果物の種類で大きさを変える)
●鉢底石(排水を良くし水滞るのを防ぐ)
●培養土(肥料が含まれており、物によって肥料の持続期間が異なる)
⇒肥料の持続期間が過ぎたら、液体肥料で肥料を追加するのがオススメ。

●砂すくい(もしくは500mlのペットボトル)

 

イチゴ・ブロッコリー

①プランターに鉢底石を敷き詰め、砂すくいで培養土を鉢の縁の3cm下くらいまで入れます。

②イチゴ・ブロッコリーは、ポットから苗を取り出したらそのまま土に埋め込み、周りの土を手できゅっと押して固めてあげればOK!!

イチゴ




にんにく

①プランターに鉢底石を敷き詰め、砂すくいで培養土を鉢の縁の3cm下くらいまで入れます。

②にんにく(種球)は、一片ずつに分けます。

③ツンと尖っている方を上にし、人差し指の第2関節くらいの深さににんにくを植え、7~8cm間隔を開けて植えればOK!!

にんにく

 

玉ねぎ

①プランターに鉢底石を敷き詰め、砂すくいで培養土を鉢の縁の3cm下くらいまで入れます。

②玉ねぎは、ポットから苗を出して崩したら、1本ずつに分けます。

③あとは、田植えのように1本ずつ植え付ければOK!!

玉ねぎ

 

 

ミニトマトの育て方

ミニトマトの育て方について。

ミニトマト自体は丈夫ですが、光が必要です。

また、水は常にあげれば良いということではなく、葉が少し枯れかけてからあげることが大切です。
水をあげるときは、鉢底から水が出るくらいしっかりあげるのがポイントです。




まとめ

今回も、家庭菜園の失敗しない技はとても勉強になりましたね。失敗するとやる気が無くなってしまうので、まずは知識をつけるのが大切です。自分で育てた野菜・果物は一段と美味しく感じるはず♪ 皆さんも、是非参考にしてみてくださいね。

あなたにオススメする記事

https://awesome-style.com/2017/10/30/hirunandesu-home-garden/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ヒルナンデス趣味&娯楽
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました