【あさイチ】吉田のうどんの作り方、コシの強い極太麺が簡単に出来るレシピ(9月10日)山梨県の郷土料理

あさイチの吉田うどんレシピあさイチ

2020年9月10日にNHK・情報番組「あさイチ(朝イチ)」、シェア旅で放映された、吉田のうどんの作り方をご紹介します。山梨県の富士山麓にあるソウルフードで、地元の高校のうどん部が教えてくれた簡単レシピです。

吉田のうどんとは、全国一のコシの強さをもつ極太麺と、赤唐辛子をベースにした辛味調味料すりだねが特徴の郷土料理のこと。食べ応えのある麺とピリッとした辛さが病みつきになるスリダネで絶品です。作り方をまとめましたので、ぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

あさイチ!吉田のうどんレシピ

(調理時間の目安:180分、料理カテゴリー:メインディッシュ/日本料理)

参考あさイチの記事一覧へ

材料(4人分)

中力粉 500g(強力粉300g、薄力粉200gでも可)

水 220ml
塩 10g
片栗粉 適量

作り方

、ボウルに塩と水を入れて混ぜたら、中力粉を加えて軽くかき混ぜる。

この時点ではまだ粉っぽさが残っていても大丈夫です。

、厚手のビニール袋に(1)を入れて、色々な角度でまんべんなく足踏みする。途中で折り返しながら、大人なら500回、子供なら750回を目安に足踏みする。白い部分が無くなってしっとり滑らかになればOKです。

、足踏み出来たら、ラップで包んで冷蔵庫で2時間ほど寝かせる。

寝かせることで麺がモチモチ食感になります。

、冷蔵庫から取り出し、片栗粉で打ち粉をして生地を厚さ5mmまで伸ばす。

伸ばす際、めん棒がない場合はラップの芯を使うこともできます。

、伸ばしたら(布団を畳むようなイメージで)生地を三つ折りにし、太めの棒状に切る。

太めに切ることで、しっかりした歯ごたえと食べ応えのある麺に仕上がります。

、沸騰した湯で15分茹でたら、冷水で手早くしめれば出来上がり。

器に盛り、キャベツ・わかめ・ネギなどをトッピングして特製スープをかけていただきます。
地元の高校のうどん部がシェアしてくれた、山梨県の郷土料理である「吉田のうどん」のレシピ。日本一硬いコシのある極太麺が特徴で、醤油・みそを合わせたスープに馬肉・キャベツなどをトッピングして作ります。唐辛子をベースにした辛味調味料「すりだね」も欠かせません!
スポンサーリンク

まとめ

今回は、あさイチ(あさいち)で放送された吉田うどんレシピについてご紹介しました。

吉田うどんは、とにかく硬くてコシの強い極太麺が特徴!富士山の名物料理ですよね♪1度食べてはみたいと思ってはいるのですが結局行けずじまい。しかし、特徴的な麺がおうちでも手軽に作れるなら嬉しいですよね!すりだねと一緒に作れば自宅にいながら山梨県グルメを味わえます♪

ぜひ作ってみてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作って画像や動画付きで分かりやすくまとめたレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ レシピの記事一覧へ

番組記事一覧あさイチの記事一覧へ

あさイチ」は、NHK総合テレビで月曜~金曜の朝8:15~9:54に放送されている情報番組です。MCは博多華丸さん、博多大吉さん、近江友里恵アナで、リポーターや専門家と一緒に様々な情報を発信しています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



あさイチ レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました