【世界一受けたい授業】アボカドとチーズのパリパリ焼きの作り方、山本ゆりさんの餃子の皮で出来る簡単レシピ(3月21日)

世界一受けたい授業の山本ゆりの餃子の皮とアボカドチーズのパリパリ焼きレシピレシピ

2020年3月21日に日本テレビ系列・教育バラエティ番組「世界一受けたい授業」で話題となった、アボカドとチーズのパリパリ焼きの作り方についてご紹介します。大人気の料理ブロガーで2児の母親でもあるカリスマ主婦の山本ゆりさんが考案された、余った餃子の皮を使ってできる簡単レシピです。山本ゆりさんといえば、材料を混ぜてレンチンするだけなど誰でも作りやすい時短料理が大好評ですよね!主婦目線で書かれたレシピ本「syunkonカフェごはん」はシリーズ累計580万部超えの大ヒットとなっており、日本一売れているレシピ本とも言われています。料理初心者の方でも美味しく出来る超お手軽レシピ。作り方をまとめましたので、ぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

山本ゆりさん直伝!アボカドとチーズのパリパリ焼きレシピ

アボカドとチーズのパリパリ焼き

画像出典元:https://ameblo.jp/syunkon/

(調理時間の目安:15分、料理カテゴリー:メインディッシュ)

参考世界一受けたい授業の記事一覧へ

参考そのほかの山本ゆりさんのレシピはこちら

材料(12枚分)

餃子の皮 24枚
アボカド 1個
とろけるスライスチーズ 3枚

【A】
マヨネーズ 大さじ2
塩 少々

作り方

、アボカドは皮・種を取り除いてボウルに入れ、フォークで滑らかになるまで潰す。

、材料A(マヨネーズ・塩)を加えて混ぜる。

、スライスチーズは4等分に切っておく。餃子の皮を広げておき、(2)・チーズ1枚をのせる。餃子の皮の周りに指で水をつける。

、別の餃子の皮を(3)の上にかぶせてサンドしたら、フォークの背で皮の周りを一周おさえる。中央をそっと抑え、できるだけ具を広げるようにしておく。

、フライパンに油(適量:分量外)を1cmほどひいて熱したら、(4)を入れて両面を揚げ焼きにする。こんがりと焼けたら取り出し、油を切る。

、器に盛り付ければ出来上がり。出来立ての熱いうちに食べるのがオススメです。冷めてふにゃふにゃになってしまった場合は、オーブントースターで温めると良いそうですよ。

スポンサーリンク

山本ゆりさんの紹介とレシピ本

今回レシピを教えてくれた山本ゆりさんは、大人気の料理コラムニスト。ツイッターのフォロワー数は約74万人、レシピ本「syunkonカフェごはん」はシリーズ累計580万部超えの大ヒットとなっています。とっても見た目が可愛らしいのですが、2人のお子さんをもつ立派なお母さん!料理初心者の方や子供と一緒に作れるような時短・簡単レシピをたくさん考案されており、主婦の方に大人気となっています。

山本ゆりさんのオフィシャルブログはこちら

山本ゆりさんのツイッターはこちら

レシピ本

山本ゆりさんのレシピ本はこちらです☆まだまだ他にもありますが、中でも人気のものをご紹介しますね。一番上のレシピ本は最新版です。

まとめ

今回は、山本ゆりさん考案のレシピをご紹介しました。

普通の主婦が考案したレシピだからこそ真似したくなるというのもありますよね!ズボラな主婦の私には本当に有難いです(笑)山本ゆりさんのブログは、読んでいてとても楽しいんですよね。親近感を感じるような関西弁と、「そうそう、この調理工程が面倒なんだよね」と燃えるようなところが解決されていて、よく主婦の気持ちが分かってらっしゃるなと思います♪

ぜひ皆さんも参考にしてくださいね。

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、プロのレシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

オススメレシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ 世界一受けたい授業の記事一覧へ

世界一受けたい授業」は、日本テレビ系列で毎週土曜日の19:56~20:54に放送されている教育バラエティ番組です。校長先生として堺正章さん、教頭先生として上田晋也(くりぃむしちゅー)さん、学級委員長として有田哲平(くりぃむしちゅー)さんほかゲスト陣が出演され、特別講師を招いて授業形式で色々な知識を学べるものです。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



レシピ 世界一受けたい授業
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました