【ヒルナンデス】マカロニグラタンの作り方(画像付)、引き算クッキングレシピ(10月11日)!さわけんの超時短料理

ヒルナンデス!引き算マカロニグラタンヒルナンデス

2019年10月11日の日本テレビ系列「ヒルナンデス!」の引き算クッキングで放送された、マカロニグラタンの作り方をご紹介します。教えてくれたのは、科学する料理研究家のさわけんさん。面倒な工程を省き、料理初心者でもホワイトソースから簡単に美味しく作れるレシピです。15分で作れる超時短料理!番組では、料理を全くしないというシーズンレギュラーの杉野遥亮さんが挑戦されましたよ。実際に作ってみましたので、作り方やポイントを画像付きでまとめました。ぜひご家庭でも試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

引き算クッキング「マカロニグラタン」のレシピ

引き算マカロニグラタンの出来上がり画像

(調理時間の目安:15分、料理カテゴリー:メインディッシュ)

まずは材料と作り方をご紹介します。このあと画像とともに作り方を詳しくご紹介していきますね。

参考同日に放送されたハンバーグの引き算レシピドーナツの引き算レシピも宜しければご覧ください☆

材料(4人分)

マッシュルーム 4個
鶏もも肉 1/2枚
塩 適量
こしょう 適量
油 適量

白ワイン 30ml
牛乳 300ml
マカロニ 80g
バター 25g
チーズ 適量

<A>
小麦粉 25g
牛乳 100ml

作り方

1、マッシュルーム、鶏もも肉を一口大にカットする。鶏もも肉には塩をふって下味をつける。

ポイント

マッシュルームから切るようにすればまな板が汚れないのでオススメ。

2、油をひいて熱したフライパンに1のマッシュルーム・鶏もも肉を入れて炒めたら、白ワイン・牛乳(300ml)を加えて混ぜ合わせる。

3、水につけておいたマカロニをフライパンに加え、2分ほど煮込む。

ポイント

マカロニを水につけておくことでプリプリの食感に!茹でる手間が省け時短になる。

4、ボウルに小麦粉を入れ、牛乳(100ml)を加えて混ぜて溶かしたら、フライパンに加えて混ぜ合わながら1分ほど煮る。

5、バターを加え、塩・こしょうで味を整える。火を止め、チーズを加えて混ぜ合わせて溶かす。あとは器に盛り付ければ出来上がり。

ポイント

チーズを後からふりかけるのではなく、グラタンに混ぜて余熱で混ぜ合わせることで中でとろける!焦げ目をつけなくても味はグラタンとして成り立っているため、オーブンで焼く10分ほどの時間を省略。

【引き算をした工程まとめ】
・マカロニを茹でる工程を省略。
・別鍋でホワイトソースを作る工程を省略。
・オーブンで焼く工程を省略。

作ってみました(画像付きで説明)

今回使う材料はこちらです。これで超時短グラタンを作ります。

引き算マカロニグラタンの材料

マッシュルームは季節によっては店頭に並んでない時もありますので、その場合は缶詰のマッシュルーム水煮でも良いと思います。しかし個人的にはしめじがオススメ!安価でボリューム感があり食感も良いので美味しく仕上がりますよ。

【工程1】
マッシュルーム、鶏もも肉を一口大にカットします。鶏肉は下記画像くらいの大きさに切ると火の通りがよく食べやすいのでオススメです。マッシュルームも、下記画像のように石づきを切ってから少し厚めにスライスすると一番味と香りが引き立つのでオススメです。

引き算マカロニグラタンの作り方(工程1)

鶏もも肉には塩をふって下味をつけておきます。


【工程2】
油をひいて熱したフライパンに鶏もも肉を入れて炒めます。下記画像のようにお肉の表面の色が変わって鶏の脂が滲み出た頃に、マッシュルームを投入!旨味たっぷりのエキスをきのこが吸ってくれて美味しさがアップします!

引き算マカロニグラタンの作り方(工程2)


【工程3】
具材を軽く炒め合わせたら、白ワイン・牛乳(300ml)を加えて混ぜ合わせてホワイトソースの素を作ります。さらに水に1時間以上浸けておいたマカロニを加え、2分ほど煮込みます。

下記画像の左が水に浸けたばかりのマカロニ、右が1時間後のマカロニです。白くなって少し膨れていますね!触ってみると表面が柔らかくなってフニャフニャになっていました。このように水を吸わせておくことで、別鍋で茹でなくてもフライパンに加えれば良いだけなのでとっても楽チンです。最低1時間は水につけておいた方が良いと思いますが、つける時間が長引いても問題ないようなので、前日の夜や朝など時間のあるときに浸しておくといいですね。

引き算マカロニグラタンの作り方(工程3)


【工程4】
ボウルに小麦粉を入れ、牛乳(100ml)を加えて泡立て器で1分ほどしっかり混ぜ合わせて溶かします。しっかり混ぜ合わせるようするとダマにならずに仕上げることができます☆

小麦粉をしっかり溶かしたらフライパンに加え、混ぜ合わながら1分ほど煮ます。小麦粉入りの牛乳を混ぜるとすぐにトロミがでてきましたよ。さらにバターを加えて溶かし、塩・こしょうで味を整えます。

引き算マカロニグラタンの作り方(工程4-1)

火を止め、チーズを加えて余熱で溶かしながら全体を混ぜ合わせます。後からふりかけるよりも中までチーズがとろけるので、見た目も美味しそうな仕上がりになりましたよ。あとは器に盛り付ければ出来上がり。オーブンで焼く必要はありませんし、煮込み時間もこんなに短くていいなんて驚きでした。

引き算マカロニグラタンの出来上がり画像

スポンサーリンク

作ってみた感想

グラタンといえば、ホワイトソースを作る隣でマカロニを茹でるお湯を沸かし、さらに別のフライパンで具材を炒める・・・しかもホワイトソースがダマになって失敗してしまうこともしばしば。そのうえ熱したオーブンから取り出すときに火傷しそうになる時も。美味しくて家族も大好きなんですが、ハードルが高くて自分で作るには敬遠してしまいがちなメニューでした。

しかし、このレシピはフライパン一つで下ごしらえもほとんどなく作れので本当に簡単でした!「え?これで終わり??」と思うほど。しかも味はとても美味しかったです!マカロニは茹でてないのに程よく柔らかくてプリプリ食感で、オーブンで焼かないからこそ残るバターの豊潤な香りが食欲をそそりました。チキンの旨味ときのこの風味が味に奥行きを出してくれており、混ぜ込んだチーズが中までトロットロ!

オーブン調理が不要なので、冷蔵庫で保存しておいて食べる前にレンチンできるのもすごくありがたい点です。帰りが遅くなった家族にも出来立てと同じおいしさのグラタンを食べてもらえますよね♪今までの苦労はなんだったんでしょう(笑)リピート間違いしのメニューです!

▼同日に放送されたレシピ

【ヒルナンデス】ハンバーグの作り方、引き算クッキングレシピ(10月11日)!デミグラス風ソース、さわけん直伝
2019年10月11日の日本テレビ系列「ヒルナンデス!」の引き算クッキングで放送された、ハンバーグの作り方をご紹介します。教えてくれたのは、科学する料理研究家のさわけんさん。面倒な工程を省き、料理初心者でも簡単に美味しく作れるレシピです。玉...
【ヒルナンデス】ドーナツの作り方、引き算クッキングレシピ(10月11日)!さわけん直伝の発酵させない超時短料理!
2019年10月11日の日本テレビ系列「ヒルナンデス!」の引き算クッキングで放送された、ドーナツの作り方をご紹介します。教えてくれたのは、科学する料理研究家のさわけんさん。面倒な工程を省き、料理初心者でも簡単に美味しく作れるレシピです。番組...

当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、レシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

レシピのレビュー記事一覧へ

レシピの記事一覧へ ヒルナンデスの記事一覧へ

まとめ

今回は引き算クッキングのマカロニグラタンレシピをご紹介しました。

料理は調理工程が多くなるほど作るハードルが高くなりますよね。私はズボラ主婦なので「あ、面倒そうだな」と思ったらすぐパスしてしまいます(笑)実際に作ったレシピのレビュー記事も書いていますが、どれも簡単なものばかりをチョイスしています。料理初心者の方や忙しい方にとっても、できるだけ工程を減らしたいものですよね!

みなさんも超時短料理の作り方をぜひ参考にしてくださいね☆

ヒルナンデス」は、日本テレビ系列で月曜から金曜の11:55~13:55に放送されている情報・バラエティー番組です。MCは南原清隆さん、アシスタントは滝菜月アナと梅澤廉アナ、そのほかの出演者は曜日ごとに変わるレギュラー陣、準レギュラー陣、ゲストなどから構成されています。主婦層を中心に人気が高い番組となっています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ヒルナンデスレシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました