【名医のTHE太鼓判】健康に良いから揚げの作り方!油の吸収を抑えてジューシーに作るレシピ【4月1日】

から揚げ健康

2019年4月1日のTBS系列「名医のTHE太鼓判」で放送された、健康に良い唐揚げのレシピをご紹介します。ポイントはの使い方!上手に使うことでダイエット効果味をアップさせることができます!油の吸収を抑えてジューシーに美味しく仕上げる作り方をまとめました☆

スポンサーリンク

健康に良いから揚げのレシピ

材料

鶏むね肉 500g
スポーツ飲料 大さじ1
醤油 大さじ1
片栗粉 適量
揚げ油(オリーブオイルもしくは米油)適量

作り方

1、鶏むね肉は、皮付きのまま大きめに切る。

ポイント

鶏肉はもも肉よりむね肉の方が効果的!むね肉には疲労回復・認知機能改善が期待できます。皮にはコラーゲンが含まれており揚げれば脂も落ちるので、そのまま使うのがポイント♪また、小さく切ると表面積が増えて油を多く吸ってしまうので大きめに切ります。

2、ジッパー付き袋に鶏肉・スポーツ飲料・醤油を加え、水分がなくなるまで揉み込む。

ポイント

スポーツ飲料に含まれる塩・砂糖・水分がジューシーな唐揚げに仕上げてくれる!ただし、使いすぎはNG!

3、片栗粉を2にまぶし、油(オリーブオイルもしくは米油)を入れた冷たいフライパンに加える。火にかけ、ゆっくり温度を上げて低温油で揚げる。

ポイント

オリーブオイルや米油は高温でも酸化しにくいのでオススメ!また、コールドスタートにすることで老化の原因物質ができるのを防ぎます。

4、10分ほど揚げて一旦バットに取り出し、170度に熱した高温の油に入れて2度揚げする。

ポイント

2度目に高温油で揚げることで、余計な油を落とすことができカラッと仕上がる!

ちなみに、ごはんはココナッツオイル(小さじ2程度)を加えて炊くのがオススメ!ココナッツオイルの脂質がごはんの糖質の吸収を緩やかにしてくれます☆

【ポイントまとめ】

・鶏肉はむね肉を使う。

・鶏肉の皮は取らずにそのまま使い、大きめに切る。

・鶏肉はスポーツ飲料につけて下味をつける。

・揚げる時は低温の油にし、高温油で2度揚げする

スポンサーリンク

まとめ

今回は、健康に良くジューシーに仕上げる唐揚げの作り方をご紹介しました!

油は三大栄養素で体に不可欠なものですが、摂りすぎると病気のリスクを高めてしまいます。しかし、揚げ物は美味しいので我慢したくないですよね。

この調理法をマスターすれば、罪悪感なく食べられそうです♪

是非参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



健康名医のTHE太鼓判
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました