【ヒルナンデス】パイ包みのレシピ、家政婦マコさんの作り方!ポリ袋を使った超時短作り置きワザ!

★良かったらシェアしてください★

パイ包み

2018年8月29日放送「ヒルナンデス」で放送された、伝説の家政婦マコ(Mako)さんの『パイ包みのレシピ』をご紹介します。マコさんはポリ袋を活用した時短料理テクが特徴で、たった3時間で30品の作り置き料理を作ってくれます。

様々なテレビでも引っ張りだこで、ヒルナンデスでも今回が5回目の登場!!

栄養士の資格も持っているので、栄養を考えた料理も作ってくれるのも嬉しいですよね。

とにかく早く、キッチンを汚さず、美味しい料理が作れるスゴ技です☆

スポンサーリンク

『ひき肉のパイ包み』のレシピ

レシピポイント

余ったひき肉を無駄なく使える、ボリューミーなパイ包みのレシピです。

材料

合い挽き肉
玉ねぎ
パプリカ
ごま油
ケチャップ
お好み焼きソース
パイシート

作り方

  1. 玉ねぎ・パプリカは食べやすい大きさに切る
  2. ごま油をひいたフライパンに、合い挽き肉・玉ねぎ・パプリカを入れて炒める
  3. ケチャップ・お好み焼きを加えて味付けする
  4. 耐熱皿の上にパイシートをのせたら、3をのせてパイシートで包む
  5. オーブンで20分焼けば完成!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、家政婦マコさんが教えてくれた「ひき肉のパイ包み」のレシピをご紹介しました。

マコさんは家事代行マッチングサービス「タスカジ」の大人気家政婦さんで、

・料理研究家
・フードコーディネーター
・元保育園栄養士

といった肩書きをもってらっしゃいます。

これまでにも様々なテレビ番組に出演されており、ヒルナンデスでも今回が5回目の登場ですね(*^^*)

その特徴は、なんといってもポリ袋を活用した時短ワザ!!

材料をポリ袋に入れて、あとはお湯の中に入れておくだけ♪
(鍋底には、ポリ袋がくっつかないように耐熱皿を敷いてくださいね)

違う材料を入れたポリ袋を複数同時に温めることもできますし、手がかからないので時短料理にぴったりですよね!!

ただし、ポリ袋は耐熱性のものを使ってくださいね。

下記記事では、本日ののレシピも含め、これまでに「ヒルナンデス」で紹介された家政婦マコさんのレシピをまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね!!

今話題のマコ(Mako)さんは作り置き専門の家政婦さんで、伝説の家政婦とも呼ばれています。その由来は、たった3時間で30品の料理を作る超時短...

家政婦マコさんのレシピ本もチェック!

家政婦マコさんの、ポリ袋を活用した大人気レシピ本です。
(モバイル端末における高速表示「AMPページ」でご覧になっている方は、上記画像がぼやける場合がございます)

今回のレシピとあわせてチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク



この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!