【ヒルナンデス】腹筋&スクワットの正しいやり方、ティップネスがシェイプアップに効果的な方法を紹介(9月14日)

【ヒルナンデス】腹筋とスクワットのやり方ダイエット法

2020年9月14日に日本テレビ系列・情報バラエティ番組「ヒルナンデス!」で放映された、スクワット腹筋のやり方についてご紹介します。TIPNESS(ティップネス)のインストラクター・Meiさんが教えてくださった、体に負担をかけずに効果的にシェイプアップする方法です。記事にまとめましたのでぜひ参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

ティップネスインストラクターが教える腹筋&スクワットのやり方

シェイプアップするために筋力トレーニングをしても、やり方が間違っていると体を傷めたり効果が減少してしまいます。例えば二の腕を引き締めるために行う「腕立て伏せ」の場合、お尻を浮かせて行ってしまうと、腰を痛めると共に腕に十分な負荷がかかりません。

そこで、今回は腹筋・スクワットの効果的なやり方をティップネスインストラクターが紹介!ちなみに、筋力トレーニングを行う際は下記2点を念頭に行いましょう。

●筋力トレーニングは2~3日おきにやると効果的
●体温や筋力が高まる日中~夕方に行うと最も効果が高い

参考ヒルナンデスの記事一覧へ

腹筋のやり方

【やり方】

、仰向けになってて両ひざを立てる(体育座りくらい)。つま先を上げ、斜め45度くらい外側に向ける。

足を伸ばしたまま腹筋すると、腰に負担がかかるだけでなく、足の力に頼りがちになるので腹筋への負荷も減ってしまいます。

、両手はクロスして胸におき、あごを引いておへそをのぞき込むようにゆっくりと起き上がる。上体は軽く起こすだけでOKです。

初心者の方は、1日10回×2セットを目標に行います。しっかり上体を起こさなくても、軽く起こすだけでもシェイプアップ効果が期待できるそうですよ。

スクワットのやり方

【やり方】

、まっすぐ立ち、足幅は肩幅よりも広くする。つま先は斜め45度に外側に開く。

足幅が狭すぎると太ももの前に負荷がかかり、内ももやお尻を十分に鍛えることができません。

、両手はクロスして胸に当て、後ろの椅子に座るように腰をゆっくりと落とす。

背筋をまっすぐにし、すねと上体が平行になるように意識するのがポイント。お尻や内ももにしっかりと負荷をかけることができます。
初心者の方は、1日10回×2セットを目標に行います。
スポンサーリンク

まとめ

今回は、ヒルナンデスで放送されたTIPNESSインストラクター直伝の腹筋&スクワットのやり方についてご紹介しました。

せっかく頑張ってトレーニングをしてもやり方を間違えると効果が減少したり体をいためたりするので、正しい方法をマスターして行いたいものですね!

ぜひ参考にしてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では話題のダイエット法に関する記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

ダイエット法の記事一覧ダイエット法の記事一覧へ

ヒルナンデスの記事一覧へ

ヒルナンデス」は、日本テレビ系列で月曜から金曜の11:55~13:55に放送されている情報・バラエティー番組です。MCは南原清隆さん、アシスタントは滝菜月アナと梅澤廉アナ、そのほかの出演者は曜日ごとに変わるレギュラー陣、準レギュラー陣、ゲストなどから構成されています。主婦層を中心に人気が高い番組となっています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ダイエット法 ヒルナンデス
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました