【教えてもらう前と後】スマホ首改善「あご押し」「背伸ばし」トレーニングのやり方、整骨院院長直伝の方法(2月18日)

教えてもらう前と後のスマホ首の改善トレーニング健康

2020年2月18日のTBS系列・教養バラエティ番組「教えてもらう前と後」で放映された、スマホ首の改善トレーニングのやり方についてご紹介します。整骨院院長・酒井慎太郎さんが教えてくださった、数秒で改善できるという簡単方法です。スマホが普及している現代、ついつい長時間スマホを見てしまいがちですよね。便利な反面、スマホばかり見ていると肩こり・頭痛・倦怠感など体の不調を引き起こしたり、ほうれい線や二重あごといった老け顔になってしまう恐れもあるので要注意!そこで、アスリートも通う名医が手軽にできる改善法を教えてくれましたよ。やり方や効果をまとめましたので、ぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

整骨院院長が教えるスマホ首の改善トレーニング方法

スマホ首の改善トレーニング

参考教えてもらう前と後の記事一覧へ

スマホ首とは?

スマホ首は、スマホが普及した現代ならではの症状。首を前に出した姿勢を長時間続けることで、本来ゆるいカーブを描いている首がまっすぐになってしまいます。

首がまっすぐになると体がバランスをとるために背骨が曲がり、それに伴って腰やひざまで曲がります。すると、下記のような様々な不調老け顔の原因に繋がる恐れがあります。

スマホ首は、肩こり・腰痛・倦怠感・自律神経障害・二重あご・ほうれい線が下がるなどの症状に繋がる可能性がある。

スマホ首チェック

スマホ首かを簡単にチェックする方法です。2人で行います。

【やり方】

1、椅子に深くこしかけ、背もたれにしっかり寄りかかって真っすぐ正面を見る。

2、別の人が80cm後ろで、グー・チョキ・パーのいずれかを出す。

3、椅子に座っている方は、肩を動かさず首だけ左右にまわし、真後ろの手が何を出しているか見えるかチェックする。

基本的に首は80度ほど回るため、見えれば問題なし、片方でも見えなかった場合はスマホ首の可能性があります。

スマホ首改善トレーニングのやり方

スマホ首はあごが出て背中が丸まっている状態のため、逆の状態を作ることで改善させることができます。

あご押し

【やり方】

1、背筋を伸ばして椅子に座り、顏をできるだけ前に出す。

2、あごに親指・人差し指をあて、そのまま水平に顏を後ろへ押し込む。

2~3回ほど行います
スポンサーリンク

背伸ばし

【やり方】

椅子に浅くすわり、両手をまっすぐあげて胸を10秒そらす。このとき、背もたれに肩甲骨の間にある「胸椎」が当たるようにするのがポイントです。

10秒×2回行います。

まとめ

今回は、教えてもうら前と後で放送されたスマホ首の改善トレーニング方法ご紹介しました。

私もほぼ一日中スマホをいじっているので、スマホ首は気を付けないとと改めて感じました。老け顔になったら悲しいですもんね。

みなさんもぜひ参考にしてくださいね☆

当サイト「オーサムスタイル」では様々な健康に関する記事をまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

健康の記事一覧へ 教えてもらう前と後の記事一覧へ

教えてもらう前と後」は、TBS系列で毎週火曜日20:00~20:54に放送されている教養バラエティ番組です。MCは滝川クリステルさん、レギュラー陣として博多華丸・大吉さんが出演され、そのほかゲストを招いて構成されています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



健康 教えてもらう前と後
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました