【林修の今でしょ講座】お茶(緑茶)とコーヒーの効果的な飲み分け方!夏太り・肌老化・熱中症などの予防に【6月18日】

今でしょ講座!コーヒーとお茶 健康
この記事は約5分で読めます。

2019年6月18日のテレビ朝日系列「林修の今でしょ!講座」では、コーヒー緑茶(お茶)を特集!!それぞれスゴイ栄養素を持っている飲み物ですが、気になる夏の症状を予防するにはどちらが効果的かを教えてくれましたよ☆夏太り・熱中症・肌の老化など、気になる悩み別にまとめました☆

スポンサーリンク

健康に良い、コーヒーと緑茶の効果的な飲み分け方

コーヒーとお茶

コーヒーも緑茶も身近な飲み物ですよね。どちらも健康に良い飲み物ですが、今回は夏に危険な5大病気&症状を予防するのにどちらが最適かを教えてくれましたよ!

  • 脳卒中
  • 夏太り
  • 肌ダメージ
  • 夏風邪
  • 熱中症

それぞれについてご紹介していきますね。

脳卒中予防に効果的なのはコーヒー

コーヒー

脳卒中を予防するには、コーヒーが効果的!!最新研究で、コーヒーを毎日1杯飲むだけで脳卒中のリスクが20%も減ることが判明したのです。

脳卒中というと寒い冬のイメージがありますが、実は夏も冬と同じくらい危険。暑いと汗をかきますが、汗をかくと体内の水分が減り血液がドロドロになって血流が悪くなります。すると血管が破れたり血栓ができて脳卒中に繋がってしまうんですね。

コーヒーに含まれるカフェインには下記2つの作用があり、脳卒中予防に効果的!

・血管を広げて血流を良くする

・代謝を促進して血管が詰まるのを防ぐ

ただし、コーヒーの飲みすぎは逆効果になるので要注意!一度に多くのカフェインをとると血管が収縮したり心臓に負担をかけることになってしまいます。

健康に効果的なコーヒーの飲む目安は、1日3~4杯です。

ホットでもアイスでも効果はほぼ同じです。

食前にコーヒーを飲むと血糖値上昇を抑えられる

コーヒーは、食前に飲むのがオススメ!血糖値上昇の原因となる糖の吸収を抑えてくれる働きがあるためです☆

緑茶も脳卒中予防の効果はある

緑茶も脳卒中予防効果はありますが、1日4杯以上飲む必要があるそうです。やはりコーヒーが優勢ですね。

夏太り予防に効果的なのはコーヒー

夏太りを予防するには、コーヒーが効果的!!1日3杯コーヒーを飲むと脂肪燃焼量が2倍ほどアップするというデータがあるそうです。

これは、コーヒーに含まれる2つの栄養素の働きのおかげです。

・クロロゲン酸:糖質の吸収を抑えて脂質の代謝をUP

・カフェイン:脂肪の分解を促進

脂肪燃焼により良い飲むタイミング

コーヒーを運動前に飲むと、より脂肪燃焼効果が期待できます。カフェインは飲んだ約30分後に効果が出始め、3時間後にピークになります。そのため、飲んでから3時間の間に運動をするとダイエットに効果的ですよ☆

スポンサーリンク

緑茶もダイエットに効果的?

まだマウス実験の段階のようですが、緑茶を飲むことでデブ菌が減って痩せ菌が増えるというデータがあるようです。先生曰く、6か月後には研究が進んでコーヒーと逆転するはず?とのことでしたよ(笑)

肌ダメージ予防に効果的なのは緑茶

緑茶

肌ダメージを予防するには、緑茶が効果的!!緑茶を飲めば紫外線のダメージが約25%も減るというデータがあるんだとか!!

そもそもシミやシワは紫外線によって活性酸素が増えることが原因ですが、緑茶のカテキンはこの活性酸素を除去してくれる働きがあるのです。

カテキンとはポリフェノールの一種で抗酸化作用が期待できます。

緑茶には美肌に効果的なビタミンCも含まれるため、女性にはますます嬉しい飲み物ですね♪緑茶3杯でレモン約1個分のビタミンCが摂れるそうですよ☆

肌ダメージ予防に良い緑茶を飲むタイミング

緑茶は出かける前に飲むと、より紫外線からの肌ダメージを予防してくれます。日焼け止めと同じ考え方ですね。

夏かぜ予防に効果的なのは緑茶

夏かぜを予防するには、緑茶が効果的!!緑茶に含まれるカテキンは、ウイルスが粘膜へ付着するのを防ぐ働き(殺菌作用)があるのです☆

夏は室内と屋外の寒暖差で免疫力が下がりがちなので、緑茶をこまめに飲んで夏かぜをしっかり予防したいですね。

風邪予防には、1日500cc(ペットボトル1本分)飲むと効果的なんだそうですよ☆

免疫力をアップさせる緑茶のいれ方

免疫力をアップさせるためには、緑茶を水出しでいれる方が効果的!お湯でいれた時と比べると、免疫力に効果的な成分の抽出量は・・・

水でいれた場合:8割

お湯でいれた場合:5割

結構違いますよね。

コーヒーは風邪の症状を緩和してくれる

コーヒーに含まれるカフェインは、気管支を広げて咳を止める効果があります。ただ、風邪予防効果については緑茶の方が優勢のようです!

熱中症予防に効果的なのは緑茶

熱中症を予防するには、緑茶が効果的!!

熱中症の原因の1つは、体温が上がって水分が減少すること。緑茶に含まれるカテキンには、汗をかきやすくして体温の上昇を抑え水分減少を防ぐ作用があるんだそうですよ!ただ、まだ研究段階のようです。

緑茶よりも麦茶がオススメ

実は、緑茶よりも麦茶の方が熱中症予防にオススメなんだとか(笑)利尿作用のあるカフェインは含まれませんがミネラルが豊富なので、好きな分だけ飲むと良いそうですよ☆

コーヒーと緑茶の飲み分け方のまとめ

スポンサーリンク

コーヒーと緑茶の飲み分け方をまとめると下記のようになります。

  • 脳卒中予防にはコーヒー
  • 夏太り予防にはコーヒー
  • 肌ダメージ予防には緑茶
  • 夏かぜ予防には緑茶
  • 熱中症予防には緑茶

まとめ

今回は、コーヒーと緑茶の効果的な飲み分け方をご紹介しました。

どちらも身近な飲み物ですよね。個人的にはお茶の方が好きですが、それぞれ健康パワーは違うので適切に飲み分けていくのが健康や美容に効果的ですよね!

みなさんも是非参考にしてみてくださいね☆

林修の今でしょ講座の記事一覧へ 健康の記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



健康林修の今でしょ講座
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

  1. あや より:

    緑茶については水出しがよいとのことでしたがコーヒーはインスタントや缶コーヒーでも問題ないのでしょうか
    それともドリップ以外は効果が薄い等あるのでしょうか

    • washing washing より:

      あや様

      コメントありがとうございます。

      番組ではインスタントとドリップのコーヒーの違いについては紹介されませんでしたが、個人的に調べてみましたところ、
      健康効果として注目された「カフェイン」はドリップでもインスタントでも含まれる量はあまり変わらないようす(缶コーヒーになると多く含まれる商品もあるようです)。
      ただ、もう1つ注目された「クロロゲン酸」の含有量については調べきれませんでした。。。

      少しでも参考になれば幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました