【林修の今でしょ講座】夏の病気のサインを天才医師が紹介!シワがあると心臓病に注意?【6月18日】

今でしょ講座!病気のサイン 健康
この記事は約4分で読めます。

2019年6月18日のテレビ朝日系列「林修の今でしょ!講座」で放送された、夏の病気のサインについてご紹介します。教えてくれたのは、林修さんがもう1度講義を熱望するほど信頼の厚い天才医師・生坂先生。実は、口内炎やむくみなど良く見られる症状の中には危険な病に繋がる兆候のものもあるんだそう。そこで、早期発見するためのサインやリスクについてまとめました☆

スポンサーリンク

医師が教える夏の病気のサイン

病気のサイン

夏は病気のサインが出ても夏バテと思い込んで見逃しがち!!そこで、下記4つのサインがどのような病気の危険性があるのかについて教えてくれましたよ。

  • 肩こり
  • シワ
  • むくみ
  • 口内炎

それぞれについてご紹介していきますね☆

危険なサインに該当すると思われた方は、一度お近くの病院にご相談ください。

肩こりは、心臓病(初期症状)のサインの可能性あり

肩こりは、肩回りの筋肉が凝り固まることによって出る症状ですよね。夏は冷房に長時間あたることで血管や筋肉がコリやすいので肩こりも生じやすいのですが、実は心臓病(初期症状)のサインの可能性もあります。

心臓と肩は全く別の場所ではありますが、これは「関連痛」と言われる別の部位に痛みを感じるもの。心臓が悪いと同じ高さの脊髄が痛むようになっており、そこから肩に伝わるんだそうです。

特に、心臓に近い左肩の方に痛みが出ることが多いそうですよ。

普通の肩こりと関連痛の見分け方

普通の肩こりと危険なサイン(関連痛)の見分け方は、肩を動かせば分かります。

・肩を動かすと痛い⇒普通の肩こり

・肩を動かしても痛みが変わらない⇒危険なサイン(関連痛)

耳たぶにできたシワは、動脈硬化のサインの可能性あり

そもそもシワは紫外線によって出き、加齢と共に増えていきますよね。しかし、耳たぶにできたシワは要注意!動脈硬化のサインの可能性があります。

具体的には、耳たぶに斜めにスーッと長いシワが入ります。耳たぶは血管の数が特に少ない部位なので、動脈硬化など血管の影響をいち早く受けるんですね。

額にできるシワも同様と言われていますが、紫外線が原因でもできるので必ずしも危険なサインとは言えないようです。

関連記事額のシワと心臓病の関係は別番組でも紹介されました!

【世界一受けたい授業】心臓病は額のシワが深いとリスクが上がる?予防対策法まとめ
2018年11月3日の日本テレビ系「世界一受けたい授業」では、8大名医が警鐘を鳴らす8つの病気を特集。それぞれの病気の予防対策法を教えてくれました。 ここでは、心臓病についてご紹介していきます。 教えてくれたのは、心臓血管研究所の所長・...

動脈硬化を予防する方法

動脈硬化を予防するには、青魚がオススメ!血流を良くしてくれるEPAが豊富に含まれるため、2日に1度を目安に食べると良いそうですよ☆

その他、下記のような対策も有効です。

・コレステロールを下げる

・たばこを止める

・糖尿病ではないか確認する

顏のシワを予防しながら骨を守る方法

少し話はそれますが、シワ(通常のもの)を予防するために紫外線を避けすぎるのも良くありません。紫外線によって作られるビタミンDは骨を丈夫にするのに必要な栄養素だからです。

顏のシワを予防しつつも骨も守る方法としてオススメなのが、手のひらを1日15分ほど太陽に当てること。これなら顏を日焼け止めなどでブロックしていても必要な紫外線を吸収できます!

むくみは、腎臓病のサインの可能性あり

むくみは水が体内に溜まった状態。仕事で座りっぱなしの状態が続くとむくんだりしますよね。塩分の摂りすぎでも生じますが、もしかしたら腎臓病のサインかもしれません。

通常のむくみなら、入浴したり運動をして余分な水分を汗で流せば治ります。しかし、腎臓病は水分が排出されず水分が溜まってしまうので治りません。

危険なむくみかどうかのチェック

普通のむくみなのか腎臓病のサインかどうかを見分ける方法です。ポイントは、むくむ時間帯と場所です。

スポンサーリンク

【危険】

・朝に足がむくむ。

・夕方に顏がむくむ。

【正常】

・夕方に足のむくむ。

・朝に顏がむくむ。

むくみと皮下脂肪の見分け方

余談ですが、むくみと皮下脂肪の見分け方も紹介されました。

・むくみ⇒指で押すと10秒ほどへこんだ状態になる。

・皮下脂肪⇒指で押すとゴムのようにすぐに戻る。

口内炎は、口腔がん(初期症状)のサインの可能性あり

口内炎は体調が悪い時などによく出来ますよね。しかし、口腔がん(初期症状)のサインの可能性もあるとのこと。

口腔がんは、口の裏側や舌などに口内炎と似た腫瘍を作ります。

口内炎と口腔がんの見分け方

口腔がんの場合、下記のような症状が該当します。

・2週間以上治らない

・痛みがない

痛みがないためなかなか気づきにくいのが特徴。毎日口の中をチェックする習慣をつけるようにしましょう。早期発見することが大切です!

まとめ

今回は、夏の病気のサインについてご紹介しました。

普段から誰にでも起こるような何気ない症状が、実は大病のサインだとしたら恐ろしいですよね。危険なサインをしっかり学んで見逃さず早期発見に繋げたいものですね!

是非参考にしてみてくださいね☆

林修の今でしょ講座の記事一覧へ 健康の記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



健康林修の今でしょ講座
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました