【名医のTHE太鼓判】老眼を改善するモノビジョン法とは?コンタクトレンズをつける治療法【3月4日】

老眼を改善するレンズ 健康
この記事は約2分で読めます。

2019年3月4日のTBS系列「名医のTHE太鼓判」で放送された、老眼を改善するモノビジョン法ついてご紹介します。コンタクトレンズを使った最新治療法で、老眼に悩む布川敏和さんが実際に行ったところ視力が劇的に改善!!その効果や治療内容についてまとめました☆

スポンサーリンク

老眼とは?

老眼を改善するモノビジョン法

老眼は、一般的に45~50歳くらいから自覚症状が出てきます。

若い頃は目の水晶体が柔らかく近くにピントが合いやすいのですが、老眼になると目の水晶体が硬くなり、近くにピントが合わなくなります。

これが見えづらくなる原因です。

老眼鏡で老眼は進行しない?

老眼鏡をかけると老眼が進行するのでは?と心配になりますが、名医曰く、老眼鏡は進行には影響しないとのこと。

そのため、老眼鏡をかけてもかけなくてもどちらでもOKです。

ただし、見えづらいのに老眼鏡をかけないでいると、目に負担がかかり眼精疲労の原因になる可能性があるそうなので要注意です。

老眼が進行するとどうなる?

老眼は10年くらい進行すると大体止まり、固定期に入るそうです。

老眼が改善する本は効果ある?

「老眼が改善する本」というのがよく書店に売られていますよね。

この効果について、名医は「民案療法なので医学的な照明はない。何人かは少しピントの筋肉が反応して良くなった感じはするかもしれませんが。興味でやるのは問題ありません」と回答されていました。

モノビジョン法で老眼を改善

老眼を改善する最新治療法として、モノビジョン法が紹介されました。

これは、コンタクトレンズを使った治療法。

片方の目に「遠くにピントを合うコンタクトレンズ」を入れ、もう片方の目に「近くにピントが合うコンタクトレンズ」を入れます。

これにより左右の目を通して網膜に2つの映像が映り、遠くを見たい時は遠くにピントが合った映像を、近くを見たい時は近くにピントが合った映像を脳が自動的に判断して選ぶようになります。

ただし、人によって合わない場合もあるため、必ず専門家の指示に従って行うようにしてください。

布川敏和さんが実践した効果

老眼で悩む布川敏和さんが、このモノビジョン法に挑戦した結果です。

●実践前:
近方視力は0.4~0.5(新聞の文字を読むのが困難なレベル)

●実践後:
近方視力は0.9

スポンサーリンク

まとめ

今回は、老眼を改善する最新治療法についてご紹介しました。

モノビジョン法はコンタクトレンズをはめるだけで改善ができるものなので、とても便利ですね。

しかし、老眼になった場合はその後100%白内障になるようなので、番組では白内障と老眼を同時に改善できる手術についても紹介していました。

気になる場合は、お近くの病院へ相談されても良いかもしれませんね。

是非参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



健康名医のTHE太鼓判
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました