【サタデープラス】漢方・葛根湯の飲み方や効果は?サタプラで話題!冷え性&美容に効果的【2月16日】

★良かったらシェアしてください★

漢方薬・葛根湯

2019年2月16日のTBS系列「サタデープラス」で放送された、漢方(葛根湯)についてご紹介します。
漢方は冷え性・美容・疲れ回復などに効果的で、今人気ですよね!!
中でも医者も信頼するのが葛根湯。
そこで、葛根湯の効果やおすすめの飲み方などをまとめます☆

スポンサーリンク

漢方薬とは?

冷え・疲れやすい・倦怠感などよくある不調は未病といい、西洋医学では治療が困難ですが漢方薬を飲めば改善する可能性があります。

漢方で大切になるのが、下記3つの観点です。

・気(エネルギー&胃腸)
・血(血液)
・水(体内の水分)

この3つのバランスが整っていれば健康体ですが、崩れると不調を招くと考えられています。

ひとことで「冷え」といっても、漢方では「気・血・水」のどの異常なのかを見て処方するんですね。

さらに、漢方薬は薬草が2種類以上配合されており有効成分の種類も豊富なため、いろんな症状を改善してくれる効果が期待できます☆

ちなみに、医療用の医薬品として保険適用されるのでコスト的にも安心です!

葛根湯の効果とは?

漢方の中でも注目なのが、葛根湯!!

生薬の種類や有効成分が豊富で「気・血・水」の3つのバランスを整えてくれるので、免疫力や治癒力をアップしてくれる作用があります。

そのため、風邪の様々な症状を緩和する効果が期待できます。

多くのドクターも、不調を感じた時は飲んでいるそうですよ☆

葛根湯は、肩の筋肉をほぐし血流を促進する作用があるため肩こりにも効果的です。

飲み方

葛根湯は、お湯に溶かして飲むのがオススメ!

有効成分の吸収が早まります。

さらに、シナモンの香りも立つのでアロマテラピー効果もありますよ☆

やけどしない程度のお湯に溶けば、飲みやすく体が温まります。

飲むタイミングは、食前(30分以上前)の空腹時に飲むようにします。
胃の中に食物繊維が残っていると、葛根湯の有効成分を吸収してしまうからです。

生姜のしぼり汁で効果アップ

生姜には、体を温める働きがありますよね。

そのため、葛根湯を溶かしたお湯に生姜のしぼり汁を加えれば、より体を温める効果がアップし冷え解消に効果的です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、今大注目の漢方薬(葛根湯)についてご紹介しました☆

有効成分が豊富に含まれていますし種類も豊富のため、自分の悩みにあった薬を選べるところも良いですよね(*^^*)

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!