【シューイチ】SAM(サム)のダンサー式ストレッチのやり方!年齢に負けない動ける体の作り方!

シューイチのダンサー式ストレッチ アンチエイジング
この記事は約3分で読めます。

2019年2月10日の日本テレビ系列「シューイチ」で放送された、ダンサー式ストレッチについてご紹介します。
TRFのSAM(サム)さんが教えてくれた、年齢に負けない動ける体の作り方です♪
1日わずか3分の簡単エクササイズで、若い頃の動きを取り戻せる効果が期待できますよ!
やり方・方法・効果などをまとめます☆

スポンサーリンク

ダンサー式ストレッチのやり方

ダンサー式ストレッチは、57歳にしてキレキレの動きを見せるSAMさんが考案したストレッチ方法。

ポイントは、体幹強化&と瞬発力アップ!!

ダンスの動きを取り入れたストレッチで、楽しく体を鍛えることができます☆

ダンス経験はなくても大丈夫ですよ。

毎日続けることが大切です!

つま先立ちスクワット

体幹を強化します。
体を安定させ疲れにくい体が作れます。
【やり方】

1、両足を揃えて立ち、両手の指をからませて手の平が上に向くように背伸びをする。

ポイント

両足は床から離さず、背中が反らないように真っ直ぐ上に背伸びをする!

2、両腕を伸ばしたまま、かかとを上げてつま先立ちになる。

3、ゆっくりひざを曲げ、お尻がかかとにつくくらいまでしゃがむ。

つま先立ちスクワットのやり方

ポイント

つま先立ちをキープするのがポイント!
両腕は下げないよう伸ばしたままにする!

4、2の状態に戻す。

ポイント

2⇔4を5回繰り返す。

リズム屈伸

下半身の瞬発力をアップさせます。
キレのある動きを保つことで思い通りに体を動かすことができます。

【やり方】

1、足を肩幅に開き、軽い屈伸を繰り返してダウンのリズムをとる。
体が上がる時に、かかとを上げるようにする。

ポイント

お尻の上に上半身をのせるイメージで。上半身はリラックスさせる。
音楽に合わせながら行うのがオススメです。

2、最低でも1分以上を目安に行います。

指さしロッキング

腕回りの瞬発力をアップします。

【やり方】

1、右手の指を「指さし」のポーズにする。
(人差し指だけ伸ばす)

2、右腕のひじを曲げて右手を胸の前におき、ひじを伸ばしながら右側へ水平に動かし、体の右側を指さす。

指さしロッキングのやり方

ポイント

右側を指さしている際は、腕をまっすぐ伸ばして動きを止める。

3、反対側の手も同様に行う。

4、次に、右腕を胸の前から前方へ水平に動かし、体の前方を指さす。

5、反対側の手も同様に行う。

ポイント

2⇔5を1分以上を目安に繰り返す。
好きな音楽に合わせて行うのがオススメです☆

かかと立ちツイスト

全身を動かします。
難易度が少し高めで、バランス力が大切になります。

【やり方】

1、両足をつけてまっすぐ立ち、つま先を少し浮かしてかかとに重心をおく。

2、腕でバランスをとりながら、かかとを軸にして左右に体を10~15秒ほどひねる。

ポイント

できるだけその場でツイストする。
体幹が弱いと体が後ろに倒れてしまうので、前傾姿勢を保ち両腕でバランスをとる。

スポンサーリンク

SAMさんの著書

今回紹介したストレッチは、下記本で詳細が書かれています☆

まとめ

今回は、サムさんが教えてくれたダンサー式ストレッチについてご紹介しました☆

ストレッチをすることで、年齢に負けない動ける体が作れるんですね。

できる時間・場所で毎日続けることが大切ですよ☆

是非参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



アンチエイジングシューイチ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました