【ごごナマ】クレンジング剤(メイク落とし)の正しい使用方法!友利新&ピカ子が乾燥肌の悩み解決!

★良かったらシェアしてください★

クレンジング剤の選び方・使い方

2018年10月3日放送の「ヒルナンデス!」で、メイク落とし(クレンジング剤)の正しい使い方が紹介されました!今回お肌の悩みを解決してくれたのは、皮膚科医・友利新さんとメイクアップアーティスト・ピカ子さん。

間違った洗い方をしてしまうと、肌トラブルに繋がってしまいます。
美容のプロが教えてくれたポイントをマスターして美肌を目指しましょう☆

スポンサーリンク

乾燥肌は、クレンジングでの皮脂のとり過ぎも原因の1つ!

乾燥肌とは、肌の表面がカサカサしたりつっぱりする肌のこと。

乾燥肌になると、

  • ひび割れ
  • かゆみ
  • シワ
  • 色素沈着
  • にきび

といった様々な肌のトラブルを招きます。

乾燥肌になってしまう三大原因は下記のとおり。

  • 加齢
  • クレンジング・洗顔での皮脂の落としすぎ
  • 保湿不足

もともと乾燥肌では無かった人も、間違った洗顔やクレンジングで皮脂を取り過ぎてしまった結果、乾燥肌になってしまうこともあるんですね。

正しいクレンジング(メイク落とし)方法

クレンジングを行う際のコツは下記3つ。

  • ゴシゴシ洗いはNG
  • たっぷりクレンジング剤を使う
  • とにかく短時間で洗う

たっぷりのクレンジング剤を使って、時間をかけすぎずに優しく洗うことがポイントです。

短時間で済ませるために強力なクレンジング剤を使うのではなく、たっぷり使うことで短時間で済ませることができます。

ピカ子さん流の洗い方&保湿法

クレンジング剤と洗顔料が一体化したものを使用します。
顔を洗う回数を1回にすることが、ピカ子さんのオススメの洗い方です。

  1. たっぷり手にとり、両手で伸ばす。
    顔から垂れるくらいの量をとる。
  2. クレンジング剤をクッション材のようにして、顔全体に優しく馴染ませる。
    目元・口元は、力の入らない薬指を使って塗る。

    ゴシゴシこすらなくても、たっぷり使うことでメイク・汚れを浮かしてくれる
  3. ぬるま湯で、かけるように20~30回洗い流す。
    ゴシゴシこすらない。
  4. クレンジング後の保湿は、顔を上に向け、(重力を利用して)両手で押しこむように浸透させる。
    コットンより、体温のある手を使う方がオススメ。
    化粧水は、2~3回に分けて行うのがポイントです。

スポンサーリンク

友利新さん流の洗い方

  1. アイメイク・リップなどのポイントメイクは。コットンの裏側にしみるくらいリムーバーを含ませ、目や唇に当ててから滑らせて取る。
  2. クレンジング剤を適量手に取り、両手につける。額と鼻のTゾーン、あごと頬のUゾーンの順にのせる。
  3. 指の腹を使って円を描くように、顔全体に優しくなじませていく。小鼻や唇の周りは指先を使って丁寧になじませる。
    ゴシゴシこすらなように注意!
  4. メイクが浮き上がるまでの時間は顔全体で30秒~40秒。ぬるま湯でかけるように手早く洗い流す。
    髪の生え際とフェイスラインは念入りにすすぐ。
  5. 洗顔が必要ないクレンジング剤の場合は、清潔なタオルで軽く押さえて水気を吸い取る。
    洗顔が必要な場合はそのまま洗顔する。

    タオルを使う際は、拭き取るとこすれて摩擦が生じるので、優しく押さえるのがポイント。

クレンジング後は、化粧水や美容液などで保湿を忘れずに行ってください。

まとめ

今回は、美容のプロが教えてくれた「クレンジング剤の正しい使い方」についてご紹介しました。

ゴシゴシこすらず、たっぷりの量で短時間で洗うことがポイントですね。

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

同日に放送された内容

2018年10月3日放送の「ヒルナンデス!」で、肌に優しい入浴法が紹介されました!今回お肌の悩みを解決してくれたのは、皮膚科医・友利新さんと...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!



★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!