【あさイチ】鶏ささみ&舞茸のフリットの作り方、上田淳子さんのレシピ!みんなゴハンだよ

★良かったらシェアしてください★

鶏ささ身のフリット

2018年10月2日放送の「あさイチ」で、『まいたけ&鶏ささ身のフリット』のレシピが紹介されました!教えてくれたのは、料理研究家の上田淳子さん。

衣には炭酸・パセリを混ぜ、カリッとした食感&彩を鮮やかに仕上げます。
おつまみにもぴったりな一品です☆

スポンサーリンク

『鶏ささ身のフリット』のレシピ

鶏ささみのフリット

材料

※2人分の分量

  • 鶏ささみ(4本:250~300g)
  • 揚げ油(適量)

<衣>

  • 小麦粉(60g)
  • 炭酸水(無糖:70ml)
  • パセリ(みじん切り:適量)

<A>

  • 塩(5g:小さじ2/3~1)
  • 砂糖(大さじ1/2)
  • 水(100ml)

作り方

  1. 鶏ささみ(4本:250~300g)の筋を取る。
    筋の取り方は、包丁を寝かして鶏肉の身に入れ、包丁は固定しながら筋の方をひっぱるように動かして取り除く。
  2. 筋を取り除いたら、食べやすい大きさに斜め切りにする。
  3. ポリ袋に塩(5g:小さじ2/3~1)、砂糖(大さじ1/2)、水(100ml)を入れ、よく振って混ぜ合わせる。
    鶏肉をポリ袋に加え、全体を馴染ませるように揉み込む。
  4. ポリ袋のまま、冷蔵庫で3時間程度置く。
    長時間置くとしょっぱくなってしまいますが、汁気をきって保存すれば冷蔵庫で2~3日間保存可能。
  5. 鶏肉をザルにあけ、汁気を切る。
  6. 紙タオルで鶏肉を包み、さらに汁気しっかり拭き取る。
  7. 水気を切った鶏肉を新しいポリ袋に入れ、小麦粉(適量:分量外)を加えてまぶす。
  8. ボウルに小麦粉(60g)、炭酸水(無糖:70ml)、パセリ(みじん切り:適量)を入れ、泡立て器で混ぜて衣を作る。
    衣の硬さは柔らかめのホットケーキ生地くらいにする。
  9. 7の鶏肉に衣をまぶし、170~180℃に熱した揚げ油(適量)に入れて3~4分ほど揚げる。
  10. 油を切り、器に盛り付ければ完成。

スポンサーリンク

『舞茸の味噌フリット』のレシピ

舞茸のフリット

材料

※2人分の分量

  • まいたけ(1パック:100g)
  • 味噌(大さじ1/2~1)
  • 小麦粉(50g)
  • 炭酸水(無糖:60ml)
  • 揚げ油(適量)

作り方

  1. まいたけ(1パック:100g)は、食べやすい大きさにほぐす。
  2. ボウルに味噌(大さじ1/2~1)を入れ、炭酸水(無糖:60ml)を少量加えてとく。
  3. 小麦粉(50g)、残りの炭酸水をボウルに加えて混ぜ合わせ、衣を作る。
  4. まいたけをポリ袋に入れ、小麦粉(適量:分量外)を加えてまぶす。
  5. まいたけに衣をつける。
  6. 揚げ油(適量)を170~180℃に熱し、まいたけを入れて2~3分間揚げる。
  7. 油を切り、器に盛り付ければ完成。

まとめ

今回は、料理研究家の上田淳子さんが教えてくれた「鶏ささみのフリット&舞茸の味噌フリット」の作り方をご紹介しました☆

衣に炭酸を混ぜることでカリッと仕上がるんですね(*^^*)

是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク



この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!