【名医のTHE太鼓判】インソールで偏平足解消!巻き爪・ウオノメ・ガサガサかかと対策

★良かったらシェアしてください★

足

2018年3月5日放送「名医のTHE太鼓判」の一生歩ける足を作ろうSPで、『巻き爪・ウオノメ・ガサガサかかと』の原因と対策が紹介されました。一生歩ける足を作ることが長寿の秘訣。足で悩んでいる方は必見です。

スポンサーリンク

50代から急増する巻き爪・ウオノメ・ガサガサかかとの原因とは?

巻き爪

巻き爪・ウオノメ・ガサガサかかとは、50代で急増するもの。
放置しておくと、痛くてハイヒールが履けなくなる可能性があると言います。

爪は放置すると巻いていく習性がありますが、歩くことで指の下から圧力がかかり、巻いていくのを防いでいるそうです。
そのため、足の指を使って歩かないと、巻き爪に繋がると言います。

巻き爪は、皮膚に食い込み化膿すると、痛みで歩けなくなる可能性もあるとのことです。

また、足が崩れ土踏まずが減る「扁平足」も、長い間放置していると様々なトラブルを引き起こすとのこと。
足の裏が平らになることで、骨や筋肉に直接衝撃が加わり炎症が起こるそうです。

強く圧力がかかる部分に角質が溜まって「タコ」ができたり、タコにねじれの力が加わってできた芯が神経を圧迫して「ウオノメ」になったり、「ガサガサかか」とも引き起こします。




その他、女性は妊娠・出産で足が崩れることもあるとのこと。
妊娠するとお腹を支えるため外股気味になったり、出産が近づくと靭帯を緩めるホルモンが分泌されるため、妊婦の足は壊れやすくなるそうです。

壊れた足に効果的なのは、インソール!

インソール

壊れた足に効果的なのは、インソール(靴の中敷き)。

特に、医療用のインソールは固めのプラスチック製でできているため、崩れた足を正しい形に矯正してくれると言います。

足の不安定さがなくなり歩きやすくなるため、ヒールが痛くて履けなかった人も履けるようになるだけでなく、崩れた足を正しい形にすることでバランスよく立てるようになるそうです。

インソールは、足を整え歩行力をアップしてくれる効果が期待できます。
医療用インソールは、専門知識を備えた医療機関に相談すると良いそうです。




まとめ

今回のテーマは足。扁平足・外反母趾・むくみ・ムズムズ足など、足の悩みは多種多様ですよね。特に女性はヒールを履きますし、私もヒールが好きなので、むくみや外反母趾、靴擦れなどに悩んでいます(;´∀`) 皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

その他の足の悩み対策

https://awesome-style.com/2018/03/05/meii-about-foot2/

スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪



error: Content is protected !!