【あさイチ】肌荒れ解消の入浴術!入浴前の緑茶、適温、入浴時間、保湿ケアのタイミングなど!

★良かったらシェアしてください★

あさイチ!肌荒れ解消の入浴法

2018年1月9日放送「あさイチ」のスゴ技Qで、肌に優しい入浴術が紹介されました!いちばん風呂に入るときの注意点や、湯加減など、温泉療法専門医が教える入浴中のポイント&入浴後のオススメケアは必見です。

スポンサーリンク

肌荒れ解消!ツルツルお肌を取り戻す入浴法

1月は、1年で最も乾燥する季節。しっかり保湿したつもりでも、肌がカサカサして荒れてしまうことも多いですよね。

そこで、今回のスゴ技Qのテーマは『肌荒れ解消』!!

その中で肌に優しい入浴術について温泉療法専門医が伝授してくれましたので、肌荒れに悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね☆

入浴前に飲むと美肌に効果的な飲み物とは?

入浴前に飲むと美肌に効果的な飲み物は、緑茶!!

緑茶

1回の入浴で失う水分は、なんと約800mlも。そのため、入浴前の水分補給は大切なんですね!

カテキンを含んでいる緑茶は抗酸化作用もあるため、肌のきめを整えたり弾力・潤いを保つことができますよ☆

一番風呂の注意点

一番風呂に入る時に注意したいのが、塩素の刺激を弱めること!!

一番風呂は塩素が濃いため、レモン汁(スプーン一杯分)もしくは入浴剤で塩素の刺激を弱めるようにしましょう!

皮脂や垢も塩素の刺激を弱めてくれるため、二番風呂も肌に優しいのでオススメですよ☆

お湯の適温とは?

風呂3

お風呂の温度の適温は、38~40℃!!

42度以上の熱いお湯に入ると、皮膚のバリア機能が失われ表面の細胞が傷づき、傷みやすい肌になってしまいます。さらにかゆみが増し、肌荒れの原因に繋がることも。

身体をリラックスさせるためには、38~40℃がオススメです☆

適切な入浴時間とは?

お肌に優しい適切な入浴時間は、5~10分!!

入浴時間が長すぎると、肌の皮脂・保湿成分が過剰に流れ出てしまい乾燥肌の原因になってしまいます。

お風呂に入っていて額や鼻に汗をかいたら出る合図です!!

身体の正しい洗い方

風呂2

身体を洗う際は、泡で優しく洗うようにします。

ボディソープを直接肌につけるのはNG!!しっかり手で泡立てて手のひらにのせても形がくずれない硬さにしたら、泡で身体を洗うように手で優しく洗うようにしましょう!

入浴後、保湿剤を塗るベストなタイミング

保湿クリーム

保湿剤は、入浴後1分以内に塗ると効果的!!

皮膚水分量を入浴前後で比較すると、

・入浴後1分⇒入浴前のおよそ4倍の水分量
・入浴後5分⇒入浴前のおよそ半分の水分量
・入浴後15分⇒入浴前とほぼ同じくらいの水分量

となり、15分後以降は肌が乾燥してしまいます。

そのため、入浴後の保湿ケアは早ければ早いほど効果が高いというわけですね(*^^*) 

尚、インバスケア(お風呂の中での保湿ケア)もオススメ♪

スポンサーリンク

浴室の中は湿気があり角層の水分量が上がっている状態のため、さらに保湿をすることで長時間保湿効果が期待できます。汗で流れるようなこともないので安心です☆

可能ならば、インバスケアとアウトバスケアの両方行うと最も効果的ですよ☆

まとめ

今回は、肌に優しい入浴術についてご紹介しました。

毎日保湿クリームでケアしていても、冬はどうしてもカサカサして肌荒れに繋がりますよね。特に、入浴後は肌が乾燥しているので保湿ケアは大切です!

肌荒れに悩んでいる方は、今回の解消法を是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!