【あさイチ】ふわふわ卵のエビチリ&えび油の作り方、中華料理店の井桁シェフの絶品レシピ(10月17日)!

あさイチ!エビチリあさイチ

2019年10月17日のNHK「あさイチ」のみんな!ゴハンだよで放送された、ふわふわ卵のエビチリの作り方ついてご紹介します。中国料理店オーナーシェフの井桁良樹さんに教えて頂いたレシピです。ふわっと仕上がった卵がピリ辛のエビチリに絡んで絶品で、片栗粉や海老の殻を炒めて作ったえび油で風味がプラスされます。作り方をまとめましたのでぜひご家庭で試してみてくださいね☆

スポンサーリンク

ふわふわ卵のエビチリ&えび油のレシピ

ふわふわ卵のエビチリ

(調理時間:20分、料理カテゴリー:メインディッシュ/中国料理)

材料(2人分)

えび(殻付き/無頭) 8匹
トマト(大) 1個
ねぎ 大さじ3
ブロッコリー 1個
溶き卵 2個

紹興酒(もしくは酒) 小さじ1と1/2
水溶き片栗粉(片栗粉を同量の水で溶いたもの) 大さじ1と2/3
塩 適量
こしょう 少々
黒酢 大さじ1

<A>
豆板醤 大さじ1
生姜 大さじ1
にんにく 大さじ1

<B>
醤油 小さじ1/2
チキンスープ(中国風スープの素を表示通りに溶く) 70ml
砂糖 大さじ1と1/2

<えび油>
えびの殻と尾  8匹分
ねぎ(青い部分) 40g
玉ねぎ 1/8個
生姜(薄切り)10g
サラダ油 150ml

作り方

1、えび油を作る。小さめのフライパンに材料を全て入れ、弱火で20分じっくり炒めて香りを油に移す。ザルでこせば完成。

ポイント

粗熱を取ってから保存容器に入れ、冷蔵庫で10日間保存が可能。このレシピでは「大さじ4」の分量を使う。

2、エビチリを作っていく。トマトは湯むきして8等分にする。ねぎ・生姜・にんにくはみじん切りにする。えびは殻と尾を取り、包丁で切込みを入れて背ワタを取り除いたら、塩(ひとつまみ)・こしょう(少々)・紹興酒(小さじ1/2)・水溶き片栗粉(小さじ2)を揉み込む。

3、鍋に湯を沸かして2のえびを30秒ほど茹でる。えびが丸まって色が変わり始めたら、ザルにとる。

4、中華鍋(またはフライパン)にえび油(大さじ2)を熱し、材料Aを加えて香りがたつまで中火で炒める。トマト・紹興酒(小さじ1)・材料B・塩(小さじ1/4)を加えてひと煮立させたら、3・ねぎを加える。強火にして、水溶き片栗粉(大さじ1)を加えて全体によく混ぜる。

5、中火にしてえび油(大さじ2)を加える。溶き卵の1/3量を鍋肌から加えて3秒ほど待ったら、大きく3回ほど混ぜる。残りの溶き卵についても同様にして加え(加えて混ぜるを2回繰り返す)、黒酢を加える。

6、塩・サラダ油(各少々/分量外)を加えた湯でブロッコリーを茹で、子房に分ける。器にまるく並べ、中央に5を盛り付ければ出来上がり。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、中国料理店オーナーシェフの井桁良樹さんが教えてくれた「ふわふわ卵のエビチリ」のレシピをご紹介しました。

えびの殻を炒めたエビ油は風味豊かで色々な料理に活用できそうですね!ふわっと仕上がった卵で辛さがマイルドになるのでエビチリが苦手な人でも食べやすそうです。

ぜひ参考にしてくださいね☆

内当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事や、レシピ記事をたくさんまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

レシピのレビュー記事一覧へ

あさイチの記事一覧へ レシピの記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



あさイチ レシピ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました