【あさイチ】たらとカブの煮物ブルターニュ風の作り方、フレンチ料理レシピ【1月16日】

★良かったらシェアしてください★

たらとかぶの煮物ブルターニュ風

2019年1月16日のNHK「あさイチ」で放送された、たらとかぶの煮物ブルターニュ風のレシピについてご紹介します。教えてくれたのは、フランス料理店オーナーシェフの谷昇さん。

チキンスープで煮たかぶを、小麦粉をまぶしたたらと一緒に煮て作る洋風料理♪
旬のたらとかぶの旨味を存分に味わえ、体も温まりますよ☆

スポンサーリンク

たらとかぶの煮物ブルターニュ風のレシピ

たらとかぶの煮物ブルターニュ風

料理の特徴

ブルターニュは、フランス北西部に位置する半島。

和食の定番である煮物を、ブルターニュの郷土料理風にアレンジしフレンチ料理として頂く一品です。

かぶは身・皮・茎・葉の丸ごと使い、食感の違いや彩を楽しむことができます。

たらは小麦粉を全体にまぶすことで、固くなるのと煮崩れを防ぎます。

材料(2人分)

生だら(切り身)4切れ
かぶ 3個(約300g)

オリーブ油 大さじ1
強力粉 適量
塩 適量
黒こしょう(粗挽き)

<A>
水 カップ2
顆粒チキンスープの素(中国風)小さじ2

作り方

  1. たらの身に塩を少し多めにふり、5分ほどおく。
    出てきた水分をふき取り、強力粉を全体にまぶす。
  2. かぶは皮をむき、8等分のくし形に切る。
    茎と葉を分け、茎は小口切りにする。
  3. フライパンに材料A、かぶ(身と皮)を入れて強めの中火にかけ、沸いたら2分間煮る。
    一旦かぶ(身と皮)をバットに取り出し、煮汁を少し煮詰める。
  4. 1のたらをフライパンに加え、強めの中火のまま、煮汁をかけながらたらの色が変わるまで煮る。
  5. オリーブ油を4に加え、煮汁がとろりと白っぽくなるまでフライパンを揺すりながら煮る。
  6. 取り出したかぶ(身と皮)を5に戻し入れ、かぶの茎を加えてさっと煮る。
    そのあとかぶの葉を加える。
  7. 器に盛り、仕上げに黒こしょうふれば出来上がり。
スポンサーリンク

まとめ

今回は、フランス料理店オーナーシェフの谷昇さんが教えてくれた「たらとカブの煮物ブルターニュ風」のレシピをご紹介しました☆

煮物料理といえば和食の定番ですが、洋風にアレンジした一品はいつもと違う味が楽しめそうですね(*^^*)

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!



★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!