【林先生の初耳学】腹筋の正しいやり方は、腹横筋を鍛えること!腹直筋を鍛えても効果なし!

★良かったらシェアしてください★

腹筋

2018年10月7日放送の「林先生が驚く初耳学」で、正しい腹筋運動のやり方が紹介されました!実は、昔ながらの腹筋運動では、ウエスト引き締め効果はほぼ無いとのこと。

その理由と正しい腹筋の方法についてご紹介していきます☆

スポンサーリンク

昔ながらの腹筋運動は、ほぼ無意味だった!

今は腹筋を鍛えている美ボディ女子が増えていますよね♪

腹筋といえば、仰向けになってひざを立て、上半身を起こしたり戻したりを繰り返して鍛えるのが一般的。

↓こんな感じです。

腹筋

しかし、この昔ながらの腹筋運動は、ウエスト引き締め効果・筋力アップともに効果的ではないとのこと。

頑張ってやっても、ほとんど意味が無いんですね(;^ω^)

その理由は、お腹の表面にある腹直筋は鍛えられるものの肝心の引き締め効果はなく、むしろお腹が出てしまう可能性もあるそうです。

お腹の外側についている腹直筋が厚みをおびて、ぽっこりお腹に繋がってしまうんですね(>_<)

しかも、股関節など他の筋肉を使ってしまうこともあるため、パフォーマンスアップにもNG。

実際、アメリカの陸軍の体力テストや青山学院大学のトレーニングでも、このような腹筋のやり方は廃止されているそうです。

正しい腹筋の鍛え方は、インナーマッスルと呼ばれる腹横筋を鍛えること。

腹横筋はコルセットのような役割があるため、鍛えることでお腹が凹みウエストのサイズダウンができます。

さらに、体幹が鍛えられるので運動能力もアップします!!

正しい腹筋運動のやり方はこちら。


1、床に背筋を伸ばして座り(両ひざは立てる)、両手を真上に伸ばす。

2.息を吐きながらお腹をへこませ、体をCの字に丸める。このとき、両手は太ももを抱え込むようにする。

正しい腹筋運動のやり方

3.息を吸いながら、元の状態(1の状態)に戻す。

4.両手を上げたまま、上半身を前後に数回動かす。


1~4の動きを1日10回やるだけで腹横筋が鍛えられ、ウエスト引き締め効果抜群です!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、正しい腹筋運動のやり方をご紹介しました。

ポイントは、腹直筋ではなく腹横筋を鍛えること!

お腹の外側についている腹直筋を鍛えてしまうとぽっこりお腹に繋がってしまう可能性もあるので要注意ですね(;^ω^)

是非参考にしてみてくださいね。

オススメする関連記事

2018年10月7日放送の「林先生が驚く初耳学」で、岩盤浴にデトックス効果は無い説について紹介されました!岩盤浴は美容に効果的と女性に人気で...
2018年10月7日放送の「林先生が驚く初耳学」で、「肥満度BMIは医学的な裏付けない」説が紹介されました!BMIといえば肥満を表す数値とし...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪



error: Content is protected !!