【たけしの家庭の医学】断食でケトン体を増やし心臓老化防止!心不全予防!

たけしの家庭の医学!ケトン体たけしの家庭の医学

2018年5月15日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心不全を劇的に減少させる心臓老化ストップ物質・ケトン体と、ケトン体を増やす方法・断食のやり方・効果が紹介されました。
突然死の約6割は心臓の病気が原因。心臓の老化を予防することが、心不全や突然死の予防に繋がります。心臓をいつまでも元気に維持するための、様々な対策法をまとめています。

スポンサーリンク

心臓老化ストップ物質「ケトン体」とは?

ケトン体

最も権威ある医学誌に掲載された論文において、「ケトン体」が心臓の老化を防ぎ心不全などによる死亡リスクを約4割減少させることが発表されました。

「ケトン体」は誰でも体内(肝臓)で作り出している物質で、心拍数を下げる働きがあり、心臓の老化を予防してくれます。

実は、どんな動物でも一生で心臓が拍動する回数は決まっており、その回数は約7億回。

つまり、心臓の老化予防に重要なのは「心臓の拍動の速さ」であり、無駄な拍動を減らす事が老化を止め心臓を長持ちさせるカギなのです。

「ケトン体」は全ての人の体内に存在しますが、生活習慣などで「ケトン体」の多い人と少ない人に分かれます。

「ケトン体」が多い人と少ない人で、心臓の拍動数の差は?

健康な人の場合、1日24時間の心拍数の合計は約10万回

この心拍数を基準として

  • 少なければ少ないほど心臓は健康で長持ち
  • 多ければ多いほど心臓は無駄打ちし老化しやすい

と言えます。

ケトン体が多い人と少ない人で、1日の心臓の拍動数の差にどれだけ違いがあるかを番組内で検証したところ、

・ケトン体が多い人は9万7千回
・ケトン体が少ない人は12万回以上

となり、差は2万回以上にものぼりました。

ケトン体の多い人は、心拍数が上がっても早く下がります。

また、就寝中も心拍数がしっかり下がることで、心臓の負担を減らして老化を防いでくれる効果が期待できます。

ケトン体を大量に出す方法と効果は?

ケトン体

心臓を長持ちさせる物質「ケトン体」を多く出す方法とは、ずばり断食

口にできるのは、人参・リンゴをミキサーで攪拌したジュースのみです(1日3回)。

実際、番組ディレクター(45歳)が2日間の断食を行ったところ、

・断食前⇒ケトン体の量は「51」
・断食後⇒ケトン体の量は「4665」と90倍以上にも増加

実は、ケトン体の生産を左右するのは体内の糖分の量

糖分は体を動かすためのエネルギー減として使われていますが、断食などで体内の糖分が少なくなると、糖分に変わるエネルギー減として肝臓でケトン体が作られるようになるのです。

とは言え2日間の断食は簡単なことではないため、名医がオススメするのは「夜のプチ断食」。

スポンサーリンク

夕食後は食べ物を一切口にしないようにすることで(おやつなどを食べない)、ケトン体を増加させることができます。

番組内で被験者に5日間プチ断食を行ってもらったところ、「19」だったケトン体の量は「497」に上昇しました。

まとめ

今回は、様々心臓老化予防法についてご紹介しました。

突然死は今注目されている病ですが、決して他人事ではなく誰にでも起こりうるものです。その約6割は心臓の病気が原因となっているため、早い段階から心臓を老化させない対策を心がけていくことが大切です。

今回ご紹介した内容を是非参考にしてみてくださいね。

オススメする関連記事

心臓老化を予防するには、座る時間を減らし定期的に「のび」をすることも効果的です。

【たけしの家庭の医学】のびで心臓老化たんぱく質を減少!脂肪を減らし心筋梗塞・心不全予防!
2018年4月3日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞のリスクを上げる心臓老化物質の新原因・心臓老化たんぱく質と、それを減少させる名医オススメの予防法・のびのやり方が紹介されました。心不全による突然死を防ぐためにも必見です...

心臓を老化させないためには、血液を送る毛細血管を元気に保つことも重要です。

【たけしの家庭の医学】タウリンで毛細血管機能アップ・心筋梗塞予防!爪の色戻りチェックも!
2018年4月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞から身を守る毛細血管の機能をアップさせる栄養素『タウリン』が紹介されました。実は、毛細血管が心筋梗塞を食い止める働きをしていことが判明。心臓の機能を判定する『爪の色戻...
【ジョブチューン】ブルーチーズ・血管マッサージで血管年齢若返り!血管年齢チェック法も!突然死を防ぐ!
2018年3月24日放送「ジョブチューン」の”TVを観ながら病気の危険度チェックSP”で、突然死の要因となる『血管年齢が分かるチェック法』や、血管年齢を若返らせる「ブルーチーズ」・「マッサージ法」が紹介されました。必見です。 突然死とは?...
【たけしの家庭の医学】卵、粉チーズで動脈硬化予防・改善!亜鉛は血管老化防止の最重要栄養素!
2018年1月23日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の3つの老化ストップ法で、血管の老化防止に絶対欠かせない最重要栄養素『亜鉛』が紹介されました!動脈硬化を予防・改善するその栄養素をたっぷり含んだ食材は必見です。 動脈硬化とは?...
【たけしの家庭の医学】レバー・海苔で心筋梗塞・動脈硬化を予防!
2017年11月14日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞・動脈硬化を予防するビタミンが紹介されました!そのビタミンを豊富に含み、血管の老化を防ぐスーパー食材も必見です。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞を予防する食材とは?今...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



たけしの家庭の医学 健康
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました